恋するインド 象タクシーに乗って

e0131724_147085.jpg

綺麗な朝焼けを見て すっかりジャイプルに魅了された私たち。
ホテルをチェックアウトし、早朝から向かった先は「アンベール城」です。

さあ、あの宮殿に行くために象さんタクシーに乗りますよー!




e0131724_1204293.jpg

アンベール城は16世紀アンベール王国の首都。
小高い岩だらけの山腹にあるので、やぱり水の問題で遷都してしまったそうです。

湖面にも城跡が反射して とっても綺麗~。それにしてもインドの青空はホント青いね!




e0131724_137966.jpg

去年の夏 タイで象に乗れなかったので、絶対乗るぞー!

象乗り場では 観光客が並び・・・15分くらい待ちそうです。

この待っている列に割って入る土産物売りのオジちゃんがいっぱい。どなたも商魂たくましい!
売ってるものはボールペン、木彫りの人形、色移りしそうなTシャツなどなど・・・(どれもいらね)

私の後ろに並んでいた欧米観光客のシニア男性が そのたびに毎度
「おおーぅ、いいね!」 とか 「うーん、ラブリーだねぇ。まっ、いらないけどねw」
なんて お相手をするもんだから、インド人の売り子オジちゃんも必死で売り込みます。




e0131724_8315550.jpg

そして 「いかにもインド!」的ご衣裳のご婦人たち・・・のお掃除の方々。
列のすぐ近くで 掃き掃除をなさっている風景を写真で撮ろうものなら・・・

そこのアンタ、いま写真撮ったわよね、さあお金払いなさいってばよっ!
と請求されてしまいます。 なんでもインドビジネス。

そのアンタとは でっかい望遠レンズで撮影したいた欧米観光客のおにいさん。
揉めてる最中、「よっしゃ今がチャーンス!」とばかり 周辺のカメラ群衆達は、バチバチ撮影~(爆)




e0131724_1374617.jpg

あ!! このピンクの乗り台!

今朝ジャイプルで会った象さんにも装着されてたよね?
本当に通勤だったのねー。
e0131724_1021149.jpg

 (※参考:既出の記事より)
これが朝(6:30くらいかな?)に市街地で会った象さん。
ここからアンベール城までけっこう距離あるよ。 おつかれさまー。



e0131724_1381964.jpg

さあ、順番が回ってきました! この象さんに乗ります。

この象さんの定員は2名まで。2013年2月現在900ルピーです。
(2007年のロンリープラネットには4名まで400ルピーと明記されてたので、すごい値上げかもね)

ガイトA君に「チップ払ってあげてくださいね」と言われました。
私たちは あまりチップ文化に慣れていないけど、A君は自ら至るところでチップを払っていました。
インドでは持ってる人が持たざる人にあげるのは習慣、とは聞いていたけれど その通りでした。




e0131724_1384673.jpg

象さんタクシー、現在は150頭ほどだそうです。 なんか遊園地のアトラクションぽい。




e0131724_922611.jpg

「では宮殿までお願いしますっ」 いざ出発進行~。

象の背中は高かったです。景色が良く見えました~。
でも、けっこうこのタクシーは安定が悪い(笑) ぐわんぐわんと体が動いてしまいます。

負けてはならぬと 私たちも腹筋をつかってカラダを安定させながら写真を撮ります。




e0131724_912528.jpg

ちなみに乗れるのは往路のみ。復路は人を乗せず下っていました。
コーナーではちょっと渋滞しちゃいます。




e0131724_9263313.jpg

なぜか私の頭の中では 「ガンダーラ♪ ガンダーラ~♪」 ゴダイゴの歌が頭の中で大音響!

妄想が大得意な私。
気分は三蔵法師です。 もちろん!!!夏目雅子の、ね!





e0131724_9304889.jpg

象さんは 一頭ごとに お化粧が違います。この子、可愛い~♪

私たちの象タクシーおじさんは 携帯おしゃべりが始まりました。おじちゃん前方見てねー




e0131724_9423970.jpg

頂上に着くと ガイドのA君(23歳!若い!)が待っててくれました。

なんとも彼が真面目ながらも しっかりボケもしてくれる人で、旅が倍増に楽しかったです。
(ちなみに私のオヤジギャグは笑ってくれたものの、下ネタを振ると見事にスルー・・・)
A君、日本に来るときは うひひさんと私で東京タワー案内するからねー!




e0131724_9537100.jpg

象さんタクシーは宮殿に着きました。これからは歩いて見学します。
ここにも「おれ市民ガイドなんだけどガイドするべ!」な売り込みが凄い!





e0131724_11273797.jpg

建物はもちろん古いけれど、それを感じさせないほどキラキラゴージャスな鏡細工があったり、
繊細なモザイク細工しかり。 色の配色やアーチのデザインに魅了されまくりです!





e0131724_1226480.jpg

太陽はぽかぽか照らしだし 風はそよそよ
ここでは ゆったりスローな時間が流れています。

ダイナミックな景色は ずっと先まで見通せて・・・。この景色ずっと頭に残りそう。





e0131724_12394188.jpg

午前中にたっぷり見学を済ませ、ランチへ。

ツーリスト用のレスントランだったけど、ポカポカ陽気で牧歌的な感じ。
インドのレストラン、テーブルセッティングがキッチュなんだけど どの店も可愛かったな。



e0131724_12422620.jpg

ジョッキグラスに 冷えたビールを注いでもらい・・・・かんぱーい!

インドのビール、キングフィッシャーはとても軽め。うーん、例えるならバドワイザーみたい。
滞在中、よく飲みました!



e0131724_124657100.jpg

お食事はもちろん、インドカレー!今日はバイキング形式で自分で取って食べました。

この後に長距離移動するので 最初は遠慮がちな量をお皿に盛りつけましたが・・・
「うまーい!」
ランチ終了で片づけようとするのを制止し、おかわりをしたのは言うまでもありません!

午後にもうひとつ世界遺産を見学し、タージマハルのある街、アグラーへ移動します。


e0131724_1637068.jpg

この日の夜は ボリウッドによるインド感1000%のインドダンスショーを鑑賞してホテルへ帰りました。
ちょっと胃も体も疲れ気味だったので、ルームサービスのディナーに

宿泊したホテルはイタリアンが美味しいらしい。Hot Soupカップ、ぽってりして可愛い♪
カップたっぷりのマッシュルームポタージュもラビオリも美味しかったな。
これで明日もカレー食べられるよ!

タージマハル、天気が良いといいな♪


つづく
by eat-sweets | 2013-02-23 22:03


食べる・作る・遊ぶを綴ってます。  リンクフリーです。


by eat-sweets

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ファン

EATお茶入れたよ



メールはこちら まで 



EatSweetsお菓子教室
フェイスブックページ







インタビュー掲載です





























































































素材使用させてもらってます♪

最新の記事

雪のバレンタイン
at 2014-02-14 13:16
春はまだ先・・
at 2014-02-08 19:16
2014 明けました!
at 2014-01-08 15:23
秋のお菓子いろいろ・・
at 2013-11-01 22:19
秋桜畑
at 2013-10-18 10:45

タグ

(89)
(59)
(46)
(40)
(37)
(34)
(27)
(20)
(14)
(14)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(5)
(4)

以前の記事

2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
more...

最新のトラックバック

インド アンベール城 ジ..
from うひひなまいにち
インド ジャイプルの朝
from うひひなまいにち
Sweets photo..
from シアワセだより
Flowers and ..
from West Tokyo Today

検索

人気ジャンル

記事ランキング