カテゴリ:▼おでかけ( 45 )

秋桜畑

e0131724_849863.jpg

福岡へ越して 早半年。
新しい住まいや仕事、お友達にも恵まれて 日々楽しく過ごしています♪

なんといっても住んでいて素敵なのが 自然が近いこと!



e0131724_8524496.jpg

自宅の近所の公園で朝ウォーキングしていると
こんな綺麗な空に会えるんです。

ちなみに福岡は日の出が東京よりも遅いので、早起き気分を味わえます。
だってこの景色で6時半くらいなんですもの♪ 




e0131724_92292.jpg

もうすぐ朝日が上がる~!のときには ココが私の(?)指定席
「今日もたくさん良いことがありますように!」 と心の中でお祈りしています。

しばらく雨が続いていたので 久しぶりのお天気になりそうだわー
そうだ! 今日はお休みだから・・・
お弁当作ってピクニックへ行ってみよう~♪ とウキウキ気分で家に戻って・・・


e0131724_995292.jpg

海上タクシーでブ~ン!
たったの5分で着いてしまう 小さな島へ向かいます



e0131724_9195919.jpg

のこの島アイランドパークへ行ってみると・・・

わあ!コスモス満開だ~





e0131724_1036194.jpg

ほえ~!かわいい~^^





e0131724_10363419.jpg

お日さまにむかって ぴゅーん!

そよそよと吹く潮風と 暖かい日差しの下のコスモスたち。
本当に気持ちよさそうです




e0131724_934524.jpg

向こう側に見える街に私は住んでいるんだけど
こんなに近所でレジャーが楽しめるのがすてき♪





e0131724_1033650.jpg

帰り道に出会った サワガニ君!

このコがフレンドリーで どうやらカメラ好き(笑)
どんだけ撮ってもいろんなポーズを決めてくれるんです。




e0131724_10332988.jpg

次回遊びにくるときにも 君に会えるかな?

残念ながら 先日の台風26号でコスモスはダメージを受けてしまったみたいです。
でもまたがんばって咲き治ってくれることでしょう。

---------------------------------------------------------------------

なんと私、アホなことにブログのパスワードをすっかり度忘れしてしまい・・・(滝汗)
記事作成もメールチェックも出来ずしまいでした。

メールをくださった方、ありがとうございます♪ これからお返事書きますね^^

お菓子もちょこちょこ作っていますので またアップします~!
by eat-sweets | 2013-10-18 10:45 | ▼おでかけ

夏の台湾 リュウガンを探そう

e0131724_1905725.jpg

なかなか更新していませんが、ブログにお越しくださりありがとうございます。

気づけば9月。
8月は いろいろな所へ出かけていました。




e0131724_1911011.jpg

なかなか この猫ちゃん、堂々としておりまして・・・
この後もいろんなポーズをしてくれたのでした。 にゃお~ん!



台北では とにかくB級グルメを食べまくる旅だったんですが、
本日はちょっと違う内容をご紹介しますね。

e0131724_19275263.jpg

ふらりと立ち寄った、廣州街の商店街アーケード。
旅先では必ず市場やスーパーに立ち寄ります。



e0131724_1933755.jpg

八百屋さんの野菜をみて 
「日本とあまり変わらない~!料理したい~♪」 と思ったり・・・



e0131724_19434362.jpg

お肉屋さんは 鶏屋さん・ブタ屋さんそれぞれ専門店のようです。

赤いTシャツ着た(すごいTシャツ!!)マダムはぺろ~と持ち上げて、肉を選んでいます。

ここのブタ肉屋さんは 豚足も皮付きの三枚肉も売ってたので、
台湾に住んだら 沖縄料理が作れちゃいそうです。



e0131724_11115486.jpg

真夏の台湾ですもの、トロピカルフルーツもたくさん売ってます。
マンゴーはもちろんのこと、パッションフルーツ・スイカ・ドリアンだって!



e0131724_11221534.jpg

とある果物屋さんに 私が食べてみたかった果物名を書いたメモを見せると・・・

「ああ!これだよ!」
と商品からポキっと折って、食べさせてくれました。



e0131724_11253290.jpg

その果物は 「竜眼」。
日本では沖縄の八重山の一部で採れるとか・・・

ちょうどこの竜眼が旬の季節だったので ぜひ食べてみたかったの。



e0131724_11412610.jpg

ちょっと固めの皮をむいて 一口かじってみると・・・・!!

ほんとだ~!! 龍の眼みたいに見える~!

お味は ほんのり甘く、歯ごたえはキュッとした噛みごたえでジューシーでした。
ちょっぴり漢方薬のような後味が残ります。
あとで調べてみると、果肉を乾燥させて漢方に用いるみたい。なるほどね!



e0131724_11474923.jpg

快く試食させてくださった 八百屋のおじさんのお礼を言うと、
私のメモ帳に 「違うんだよ~、ほんとの字はコレ」 と正してくれました。

どうやら竜眼ではなく、龍眼が正解のようです。


フレンドリーで心優しい人たちと出あえた台湾の旅、またアップしますね!
by eat-sweets | 2013-09-02 11:54 | ▼おでかけ

真夏の湯布院

e0131724_2326043.jpg

とても暑い日でしたが ちょっとだけ ここは涼しかった!



e0131724_23265675.jpg

狭霧台(さぎりだい)で景色を見ようと思ったら たくさんの先客が・・・
「やっほー!」のみんなで大合唱をしていて とっても可愛い~!!



e0131724_23344933.jpg

ここ一帯の山は 大きな木や岩がないのです。
そよそよ・・・ ほんと風が気持ち良い~!



e0131724_23361775.jpg

湯布院の前に 九重“夢”大吊橋

オンナ3人旅、Tae:「渡ってみようよ!」 他2人:「コワイよー」

橋に近づくと 本当に高いところに設けてあるのが分かります。さあ・・・どうしよう??


e0131724_23395111.jpg

結局 好奇心で3人とも渡ることになりました! この橋を往復して渡るのです。

標高 777m の高さにある日本一の吊り橋。
コンクリートで頑丈だけど 中央が鉄網になってるのでコワサ倍増なの!




e0131724_23532563.jpg

吊り橋の真ん中が一番高い!
ここの下の高さ 173m!! はあ・・・足がすくみますー



e0131724_23555435.jpg

ビビリ3人で 足を乗せてパチリ。
怖かったけど、橋を渡っているときは風が吹いてとっても気持ち良かったです!

むかし、渡ったことのある宮崎県・綾の照葉大吊橋のほうがスリルがあるかもしれません。




女3人湯布院の旅 いつか・・・つづく
by eat-sweets | 2013-08-05 23:15 | ▼おでかけ

恋するインド タージマハルのカフェ?

e0131724_20302862.jpg

インド旅行を企画したときに
「タージマハルだけは絶対行こうね」 と計画してました。

デリーにも行って~、ジャイプールも行きたいでしょ、もちろんアグラーへ行ってラージマハルも!
なんぞ計画するということは・・・

「東京へ行って、翌日は静岡でしょ~、その翌日は長野よね~」 という距離感。
(いや!もっと距離あるかも。どなたかご指摘お待ちしてます!)



e0131724_1934565.jpg

車中より 
普通の平日。平和な午後。 私のお気に入り写真。




e0131724_19262782.jpg

というわけで、インド旅3番目の土地のアグラーへ



e0131724_1927683.jpg

車中より 
ノーヘル、3人乗りなんてインドでは当たり前体操!




e0131724_1935193.jpg

厳重なセキュリティチェックを経て いざ、タージ・マハルへー!
ひや~人がいっぱい~。



e0131724_2003834.jpg

荘厳華麗なタージ・マハル

この前日にアグラー入りをしていた私たちは タージマハルショー(だったけ?)を観覧し、
タージ・マハルの完成ストーリーをたっぷり堪能したので、いかに建設まで大変だったか予習済み。


こんな壮大な世界遺産のお写真は TAEブログではバッサリ省きますよー
(コンデジカメラしか持って行ってないので写真が良いのがないの)
うひひさんが綺麗に紹介されてるので、これを見てね~



e0131724_2012180.jpg

おそらくプロのカメラマンと思われる男性に ポーズを教わるカップル。
あらま、ハネムーンかしら♡
どんな写真が出来るのかしら?うふふふふ。




e0131724_2013965.jpg

えええー???
そんなポーズで良いの? たぶん記念写真なはずなのに?
カメラマンさん、もっと素敵なポーズを考えてあげてー!これじゃダメよー。




e0131724_19454578.jpg

ここの場所はベスト! もうみんなココで撮りたくって、待っているのだ。
私とうひひさんも もちろん撮りましたよー




e0131724_2035598.jpg

タージ・マハルの建物内は土足厳禁、写真撮影不可でした。
このシャワーキャップみたいな靴カバーは入場チケットとともに もらえます。

海外の観光客は このカバーを靴の上から履いてキャッキャと喜んでましたが・・・



e0131724_2064950.jpg

「土足厳禁なら脱いで行けばよいのだ」的なインド人。 この適当さ。
戻る時に自分の靴が発見できるのか?

でもこういう国民性が 私がこの旅でインド好きになった理由なんだけどね(笑)



e0131724_2091724.jpg

タージ・マハルを堪能した帰り道・・・

ガイドのA君が 「ちょっとチャイ代が高いけどカフェに寄るか?」と誘うので
「寄ります寄ります」 と即答した私たち。

超高級ホテル「ジ・オベロイ」のすぐ近所の安ホテルの「タージKHEMA」へ・・・




e0131724_20113027.jpg

なんということでしょう!きゃー素敵。

そのホテルの庭(というか丘)のカフェは貸切でした。
ほら、タージ・マハルが見えるでしょ?この景色、私とうひひさんと二人占めです!!(あ、A君も)



e0131724_20182777.jpg

ボーイさんがチャイを入れてくれます。
ナプキンやクロスが可愛い。




e0131724_20193275.jpg

ちょっとマサラが薄めだったけど ジンジャー香るチャイでした。
オレオのチョコじゃないクッキーもおいしかった!

ここのチャイ代は日本のカフェの紅茶と同じくらいのお値段でした。



e0131724_20233124.jpg

春の陽気で日差しがポカポカ、チュンチュンと小鳥が鳴いて・・・
どーんと広くてどこまでも青い空、遠くには世界遺産の白くそびえ立つタージ・マハル・・・

ここでチャイを飲んでゆっくりおしゃべりして・・・・
実はアグラーの中で 一番思い出残る時間だったかもしれません♪




----------------------------------------------------------------------
いつもコメント、ありがとうございます!
引越しでバタバタしてるけど 旅を思い出すと現実逃避できます~♪
メールもありがとうございます!!全部読んでます。落ち着いたら返信しますね♪
by eat-sweets | 2013-03-14 20:37 | ▼おでかけ

恋するインド 美しいクロスたち

e0131724_22282169.jpg

雑貨でも輸出量の多い国、インド。

最近、ネットで購入したフランス風の雑貨が 実は「インド製」で驚くことしばしば。


そんな今回の旅では
インドでインドインドしていない雑貨を買いたい!
と ひそかに思ってました。



e0131724_23215686.jpg

なかでもジャイプルは雑貨の街
買い物好きは雑貨の文字だけでもわくわく。





e0131724_2340785.jpg

連れて行ってもらった先は シルクやインドコットンを扱う布屋さん。 

う~ん。。たしかに素敵な商品もあるけれど、私たち 「いかにもインド」的な物は求めていない。

お土産にパシュミナストールくらいは買って帰ろうかとしたときに・・・。
出会ってしまった、このシルク生地に!



e0131724_04894.jpg

ザラザラしたミルク色の素朴なシルク生地に 手描きによる花のシックなイラスト・・
さらには絵にそって縁取りされたミシン刺繍に至るまで たいへん美しい生地でした。

これに一目惚れしてしまったワタシ。
贅沢だけど・・・これをテーブルクロスにしたい!!



e0131724_00144.jpg

布幅は110cm。
我が家の90cm幅のテーブルに合わすには テーブルクロスとして加工せねばなりません。

すると 「いいよ、明日までに作ってあげるから」
ああ、後戻りできません~。




e0131724_0453374.jpg

このショップのオシャレな社長さん。

やわらかいインド綿にアイロンをかけたシャツ、サルエルパンツもオシャレな細身に仕立てていて
とどめに巻いたパシュミナの白いストールもカッコ良い。

この社長さんと 値段交渉をせねばならぬ! がんばるぞーー!



e0131724_1354032.jpg

    (見る角度によって キラキラ光って見えるのもお気に入り)

社長との価格交渉は そこまで安くならず、私の負け。
でも本当に気に入ったモノだったので、欲張った値引きを諦めました。
さあ、値段がやっと決まり、社長と握手で交渉成立です!

「日本で買ったら○倍はするかもね」 と 社長は言ってたけれど、
その前に シルクのテーブルクロスなんぞありませんよ(爆)

お買いもの後に「娘が3人いるけど大きくなって一安心した」という話や
「キミにはベビーが居ないのなら大丈夫。インドにはベビーが出来るパワーがあるんだ」とか
おっしゃってくれましたが、社長さん私の年齢をマイナス10才くらいだと思われてるはず(笑)


e0131724_2245529.jpg

さっそく自宅でこのクロスを使ったテーブルセッティングをしてみました。
今までブルー系のクロスは持っていなかったけれど 手持ちの食器とも合いそう!




e0131724_2295642.jpg

テーブルから垂らす部分は 布を足して縫ってもらっています。
少しでも柄を合わせようとしてくれた職人さん、ありがとう!
これからずっと大切に使っていきますね。



e0131724_2383817.jpg

こちらはデリーのインテリショップで買った テーブルナプキン。
クジャクが羽根を広げている様子が おめでたく見えるのでおもてなしにぴったり!

ハンドメイドペイティングで、綺麗な仕上げでした。



e0131724_2494245.jpg

クロス類が安いので こちらもデリーで購入したナプキン。

蜂?それとも女王アリ? の刺繍がされたテーブルナプキンです。
こういうのをフランスや日本で買うと本当に高い(涙)
インドでは1枚分のお値段で6枚買える値段です! 

同じくビーズ小物も豊富で安い。しっかりした作りのナプキンリングも6コセットで。


e0131724_11553434.jpg

白い食器と白いナプキンでもアレンジしてみた^^
ふふふ、こちらも良い感じ~


e0131724_37820.jpg

りんりんちゃんと合流したデリーで 偶然見つけたインテリアショップ。
センスが良いうえに・・・なんとファクトリー・アウトレット店でした。
(店名忘れた〜。カーンマーケットの奥だった)
ここでは うひひ&りんりん が喜んでお買いものしてましたよ♪




e0131724_392548.jpg

インテリア雑貨も まさに私の好きなモノがいっぱい売ってて、
しばらく呼吸をするのを忘れてしまったほど(笑)


インドにはいわゆるインド風雑貨に溢れているかとおもいきや、
これまでのインドのイメージが変わった旅でもありました!


e0131724_411321.jpg

こちらはデリーのカーン・マーケットにある 「good earth」 
リネン類やクッション、食器に至るまでセンスよい商品が揃っています。





つづく
by eat-sweets | 2013-02-25 06:30 | ▼おでかけ

恋するインド ピンク色のジャイプル

e0131724_217840.jpg

朝6時。 こんな美しい朝焼けは見たことがありません。
湖面は眠っているように静かで、地上にあるものを鏡のように反射させていました。


「行く?」 「行っちゃう?」

そんな会話で実現した旅。
行く前のこの国の印象とは 帰ってくるとまったく変わりました。

きっと数日行っただけでは「インドってね・・・」と語ることはできない、大きな国インド。
数日前に戻ってきたばかりなのに また戻り・・・いえいえ、行きたくなっちゃう。

もっともっとアナタを知りたい! 私はインドに恋してしまいました。



e0131724_23474726.jpg

ご一緒したのは 旅の上級者うひひさん。

そして、今回の旅のきっかけともなった共通の友人、りんりんちゃん。


現在、ご主人がインド単身駐在中のりんりん家。
その夫婦の再会に 私たちも同行させてもらっちゃったのでした。


旅行前から りんりん夫妻にはガイドやホテルの手配でお世話になりっぱなし。
このお2人がいなければ、こんな素敵な旅にならなかったことでしょう!りんりんちゃんありがとうね♪


りんりん夫婦は別の地方へバカンスに行くので、旅の終わりにデリー合流の約束をして
私たちは「はじめてインド」でおすすめのジャイプル、アグラーへ。


うひひ、TAE、そしてドライバーさん、ガイドさん 計4人の地方旅のはじまり始まり~。
4人のフィーリング(?)が合ったのか、長距離の道中も行き当たりばったりで楽しかったです。

「さあ、出発!!」

いざ、インドの地方へレッツらゴー!




e0131724_219449.jpg

前々日・・・初めてのデリー空港。
りんりんダンナさんに迎えにきてもらいホテルへ。

そのデリー空港の両替所でさっそく「インドの洗礼」を受けてしまう私たち。

まさか空港内の両替所の係員が お札を1枚ピンハネするなんて007.gif
しかもその手つきがマジシャン並みにダマそうとしてた(笑)

ええ!もちろん再度、自分たちでお札を丁寧に数え直して正しいお金を受け取りましたよ017.gif




e0131724_014313.jpg

そんなデリーを出発して、向かう道中では
今までに経験したことのない車の多さと大渋滞と大音量のクラクション!

260km離れたジャイプルに着くと そこはリゾート地を思わせる別世界・・・。
ちょっと疲労気味だった私たちは この街にとても癒されたのでした。




e0131724_192148.jpg

ジャイプル またの名をピンクシティ。
ピンク色の朝焼け いたるところ塗装もピンク色に塗られています。

象さん!  これから観光地へ通勤のようです。




e0131724_2225939.jpg

宿泊したホテルの目の前のマンセイガー湖 

わらわらと集まってきた インドの青年も・・・ 待っています。










e0131724_2233256.jpg

いつのまにやら寄ってきた ワンコ達も・・・ 待ってます。





e0131724_553887.jpg

ちなみにインドでは 牛はもちろん、犬・猫・イノブタ・ヤギ・ヒツジ・ロバ・・・
まるで動物園のように 至る所にいます。





e0131724_226893.jpg

そして・・・・・そして!!
待ち人がとうとう現れました!

強い強い光を持った太陽が 顔を出しました。




e0131724_2361381.jpg

「うひひさぁぁーん(ホントは本名)、感動で涙が出るねーー043.gif

湖に浮かぶ水の宮殿の後ろから 光線のような強い光をもって上がってくる太陽。
日本でも毎日、同じ太陽を見ているはずなのに インドで見たそれは偉大で迫力満点!



e0131724_235857.jpg

この自転車隊の人たち、追い越す時に全員わたし達に手を振ってくれた~(笑)



e0131724_3115468.jpg

さあ、朝になりました!
観光へ出かけましょー





e0131724_3131153.jpg

とにかくジャイプルは ピンク色!
ピンク色は幸せの色なのだそう(私もそう思う)



e0131724_318478.jpg

そして 雑貨と陶器と宝石の街!

バイヤーTAEは何を買ったのか?



e0131724_3205452.jpg

観光名所シティパレスもピンク一色。
このローズがかったピンク色は私の好みでした。白い紋様も素敵!

シティパレスは現在もマハラジャが別棟で住んでいらっしゃるのだそう。





e0131724_3243287.jpg

そのピンクシティにいた、凛々しいお顔の衛兵・・・(?)

まあ!マハラジャのプリンセスに仕える方かしら?
お姫さま、来るかしら? うふふ、どきどき。




e0131724_3283612.jpg

「怪しいヤツはおらぬか?」 と鋭い目で見張っているのかと思いきや・・・

なななんと! 彼は手にした杖をザザっと天に向け、敵を威嚇!

e0131724_4513739.jpg

怪しい敵・・・・・それはハト。 
この人のお仕事は鳩駆除士だったのです。

インド、すげーーー。





e0131724_3554699.jpg

とても有名な 風の宮殿。
ジャイプルのシンボル的な建物で、200年以上前に建てられたそう
この小さな窓から 外に出れないイスラムのお妃さまは外の通りを眺めていたのですって。





e0131724_411541.jpg
 
ジャイプルは宝石でも有名な街。

んがしかし、
私たちは旅のはじめに 「お金少ししか持ってないので高いものはいらなーい」 と
ガイドのA君に釘をさしていたため、宝石なんぞは買わなかったのです。

しかし・・・しかし・・

その舌も乾かぬうちに けっこうデッカイ買い物をしてしまい、うひひさんに迷惑かけた私なのでした。
またそのお話は 次の機会に・・・。


今回の旅は 一眼レフは持って行っておらず、コンデジのみ。写真がうまく撮れませんでした。


インド旅、続きまーす!
長い記事をご覧くださってありがとう!



うひひさんのブログのほうが綺麗よー。読んでみてね!

ピンクシティ ジャイプル
インド ジャイプルの朝
by eat-sweets | 2013-02-18 05:12 | ▼おでかけ

築地へ ゴー!

e0131724_03433.jpg

カラリと乾いた秋の空気がひろがる土曜日の朝
楽しみにしていた築地場内へ連れて行ってもらいました。



e0131724_042848.jpg

みんなを連ねる隊長は この方
若き料理研究家かつワインエキスパートの関岡弘美さん。
京都のはんなり美人の弘美さんは ほとんどの生鮮をココで揃えられる築地ツウなのです。

本格的なフランス料理を教え、そのお料理に合うワインも選んでくれるという、
素晴らしいお料理教室を彼女は主宰されています。
(弘美さんの新刊が19日に発売されるそうです。どれも作ってみたいなー



e0131724_0171562.jpg

9時を過ぎると 築地場内にも一般客や観光客が押し寄せます。
とはいえ、ここはプロの方々が仕入れをする重要な場所なので、ジャマにならないよう
細心の注意がたいせつです。場内は買い物に行きかう人々や搬入物で大混雑!

ひろみ隊長がお世話になっている仲卸さんで 隊員一同まずは初めてのお買いもの。
これ↑、生のシシャモです。キラキラ、ピンク色に輝いているでしょう?
「メスだけ8尾ください」 こんな小さな取引でも引き受けてくださいます!
「オスはココの形が違うんだよ」とオス・メスの見分け方も教えてくれました。
築地って・・・・こんな家庭の少量買い物をしても良いのね♪ と一安心^^

ちなみにこの時に買った生シシャモは軽く干して塩をパラッと振って網焼きしました。
もちろん、今まで食べたことのない食感でおいしかったー♪



e0131724_028253.jpg

つぎに隊長に案内してもらったのは 鮪の卸業者さん。
きっとお魚通な人だとお分かりになると思います。とにかく本物の美味なる鮪を扱っているのです。

なななんと!お店のご主人の計らいで切りたてのマグロをご馳走になりました。
赤身、中トロ、大トロ・・・・・。 ん!! なんて美味しい鮪なんでしょう!


e0131724_0322769.jpg

それもそのはず・・・
だって、大間の生マグロなのですもの。
生マグロは一度も凍らせていないので格別な味でした。
ちなみにここ「石宮」さんは プロの方としか取引なさらないそうです。
取引しているのも超一流のお寿司屋さんや高級ホテルなどなど・・・

「今夜の夕飯にちょっと大間のマグロを数切れもらおうかしらーん?」は残念ながらNG。

お別れ際に 「どこに住んでるの?」とご主人に聞かれたので答えると
「そこなら ●×寿司、寿司●△、○×△の3店がうちの鮪だよ」とすぐに教えてくれました。行きます!



e0131724_2333321.jpg

さらにアナゴ専門店では、生きたアナゴを2匹捌いてもらい、購入した同行の女性がいました。
「どう調理するんですか?」 と彼女に聞くと・・・
「家でお寿司にしようと思って。蒸してパラっと塩振ってすだちをきゅっと絞るの♪」
すすすすごーいです。 そうか、そういう食の楽しみが広がるのね、築地って。


その後 「ここ(場内)のお寿司屋さんおいしい」とか「ここのお団子いつも買ってる」など
嬉しいミニ情報もひろみさんから教わりました。この時点でかなり築地に魅せられたワタクシ。
もう次回に来る日をひそかに計画しております!




e0131724_0443513.jpg

つづいて青果仲卸のゾーンへ一同 向かいました。
通常の野菜のほか、早生のマツタケ、フレンチなどで用いる珍しい食材などなど
ここもかなり興味シンシンで前進あるのみです。

この日立ち寄った「くしや」さん。食べられるお花エディブルフワラーを多々扱ってます。
モンブランにちょこんと乗せた(この写真)はこの時仕入れたモノです。
お花をデコしたスイーツを作りたいときは 今度からここに買いに来ますっ^^



e0131724_141679.jpg

思わず「なんだろう~?」と思った葉っぱ。ブルーベリーの葉なのだそうです。
何かに使えるかな、と思ってこれも購入。




e0131724_122172.jpg

築地ツアー 次は場外へ。鶏肉屋2店案内してもらいました。
買ったものは 鴨ミンチ、鳥むね肉&もも肉、軟骨入り鳥ミンチ。そして鴨肉。
鴨と軟骨入りのミンチは 鶏団子鍋にして楽しみました。

なかなか生の鴨肉って売ってないですが、築地なら何でも揃う!
鶏肉専門店「鳥藤」さんで 「鴨ください、350gくらいのを1枚」と言うと
ジャストサイズを選んでくれました。


自宅へ戻り、仕入れた材料で私が調理したのは・・・・・「鴨のスモーク」!
鶏肉では何度か経験があったので、いつか鴨肉でやってみたかったの。
ソミュール液を作って15時間漬けて数時間乾かして・・・・
さあ!燻製チップを入れてキッチンでスモーク開始!!



e0131724_1152127.jpg

モクモクすること25分。じゅうぶんに肉汁を落ち着かせてスライスしてみました。
盛り付けがヘタでお恥ずかしいけど、こんな感じ。(とある日の夕ご飯に登場)
スモークじたいは成功したんだけど、鴨の脂身が多すぎて私は苦手でした。う~残念!

でも次回は ちょっと慣れた言い方で
「鴨1まい肉を350g、皮の脂身がとても少ないのが欲しいんです」
とお願いしてみよう!失敗は次の成功につながりますように!


ひろみちゃん、ご案内ありがとうございました!
by eat-sweets | 2012-11-08 00:00 | ▼おでかけ

飛行機に乗って食べにいったモノ

e0131724_1412735.jpg

やっぱり私はJALが好き♪ 早朝便でビューンと福岡へ行っちゃいました!




e0131724_1413157.jpg

東京といえば蕎麦。 福岡といえばうどん。大阪もうどんだよね。
これはゴボウ天うどん。博多のうどんの特徴はちょっと軟らかめの麺、昆布と鰹節さらに 
煮干しいりこがたっぷり入ったお出汁のうどんです。
ふわふわしていて とっても美味しい!



ひとりでウロウロ。 博多や天神をお散歩。
4年前に8年間も住んでいた福岡は私にとって第2の故郷! ほーんとに大好きな土地です♪
変わらぬ場所、すっかり変貌してしまった場所、どちらを見てもワクワク気分になるのよねー




e0131724_14203368.jpg

東京でも福岡でもどちらかが来ると必ず会ってる、cooさんと待ち合わせて ふらりと写真ギャラリー展へ。
ちょうど階下がカフェになっていたので  「寄っちゃう?」 
ワインの空瓶が窓辺にズラリ。 こんな光景でコーヒーを頼めるでしょうか?
答えはNon,Non!


e0131724_14223826.jpg

軽い気持ちで「寄っちゃう?」と言ってたのに 本当に「酔っちゃった」私たち(笑)

福岡の食のクオリティーと価格の安さは本当に素晴らしい!
このカフェ、スパークリング・白ワイン・赤ワインが約15種類ほど揃っていて
な・ん・と!! 2時間1500円で飲み放題 ありえん、コスパ!!

軽く飲む~?なんて女子会話をしてたけど無理無理! しかも好みのワインをセルフで注ぐシステム。
16時から飲みまくる!誰にも遠慮はしなーーーい!



e0131724_14273833.jpg

お店の方も のんびり優しい語り口でご接待くださって・・・。こういうところが福岡人は素晴らしい!

ちょこちょこしたお料理を頼んだけど、鴨のパテもおいしかったし、
キャロット・ラペにはオレンジ果肉がたくさん入っていて、これがまた白ワインと合うなんてもんじゃない!

ぜひ次回も立ち寄ってみたい、警固のデリ・バル「trene」さん。
はじめて訪れたのに落ち着く空間なのは 1969年に建てられた古い建物だから?
写真店・ギャラリー会場も併設されているので いろいろな目的で立ち寄れそうです。



e0131724_14393416.jpg

2件目は cooさんのダンナ様も加わり、飲んベが3人になりました。
cooさんおすすめの大名にある「食堂クーネル」。ネパールカレーが有名だそう。

ワインは しこたま飲んできたので、この日初めてのビールで乾杯!
ここは福岡。 ならばこれを食べるしかないです。「サバのカルパッチョ」
東京ではほとんど食べることのできない、鯖のお刺身は来福するたびに頂いてます。
鯖の青臭みをバジルソースが一掃していて おいしい前菜でした。


翌日は この旅の目的。 さわやかな乙女の一日です♪
こんどはお酒の苦手なAちゃんと待ち合わせ。これから女子力たっぷりの一日が始まります!

福岡でご活躍中の荒木真子さんの 講座へ参加してきました。
食文化スタジオという素敵な施設があって、さまざまな講師群から学べるそうなのです。うらやましいな、福岡。



e0131724_1446168.jpg

フードコーディネーターでもある荒木先生の講座は 
前半がフードコーディネーターのお仕事についてのお話やエピソード紹介、
後半が「リコッタパンケーキ」のレッスンでした。とても勉強になりました!

食文化スタジオの立派な調理ルームで リコッタパンケーキ作りのデモストレーションを見せていただき
その後はグループ班ごとにパンケーキを作っていきます。
ありえんことに そんなパンケーキを焦がしてしまう大失敗をしてしまった私・・・。

ふわふわでさっくり軽い生地なので ぺろりとお腹に入ってしまいます。おいしかった~♪
ぜひうちでも復習しないとね^^
真子先生~、うまくできたら報告します!!


e0131724_1544445.jpg

さらに、またまたパンケーキ(笑)

こんどは カフェ プール・ヴーへ立ち寄り、2カ月間限定の新作パンケーキを頂くことに♪
私が頼んだのは3種類あるうちの「ラズベリー」。
こちらのパンケーキはセルクルの中でじっくり焼いてあります。
表面や側面が香ばしく焼けていて中はホワホワ、バターの味がジュっとしてきます。
一緒に付いていた、ラズベリーソース(写真なし)をかけると、また新しい味が楽しめました。

オーナーのはるみさんとも久々にお会いできてうれしかったです。



途中でオシャレなお花屋さんVERDURE DECOのmamiさんにも逢いたくて立ち寄り♪
変わらぬ人懐っこいmamiさんの笑顔にノックダウンでした。



私の福岡在住時代・・・・楽しい思い出にしてくださった人たち。そして食べ物。
どちらも再び訪れると 変わらず私をあたたかい笑顔で迎えてくれています。

福岡で熱いハートをたくさん受け取ってきたので、私も誰かへバトンしたいと思います。



それにしても食べ過ぎな旅。 戻ってきてローカロ食事でこのブログ記事を書いてます(爆)
どれも美味しすぎてダイエットできません~。どうしましょう??
by eat-sweets | 2012-10-11 15:22 | ▼おでかけ

青森 ねぶたミュージアム

e0131724_5124462.jpg

はじめて青森へ行ってきました。

青森の印象は リンゴとねぶただったのですが、まさにその通り。
ゆるやかにのんびりしてきました。

つづきはこちらへ
by eat-sweets | 2011-09-21 09:38 | ▼おでかけ

九十九里へ

e0131724_73601.jpg

GWの後半 小雨の降る日に九十九里海岸へ。
夫はしばらくそこから動かなかった。ずっと眺めていた。



e0131724_7402668.jpg

誰もいない。
私も海を眺めていた。


e0131724_7423037.jpg

この海岸で○○年前に BFの車で走っていたら砂浜の窪地にハマり、
サーファー達に助けてもらって 脱出したことも思い出した。
まさに栄養ドリンクの「ファイト一発」シーンそのものだった。


e0131724_7462721.jpg

ここから歩いてすぐの「ばんや」へ
漁師さんがやっている食堂です。



e0131724_7542063.jpg

お目当ては 5月1日に解禁されたばかりのハマグリ!
定食のお味噌汁にもハマグリが使われています。

ハマグリはランク別に選べるので 『天然ハマグリ中サイズ1キロ』をオーダー。

じんわり焼いていきます。いい香りがしてきましたよー

e0131724_7572249.jpg

パカッと開いたら タレをちょっぴり垂らしてもうちょっとだけガマン!

さあ食べましょう! う~ん、甘いし軟らかいのに食感があって美味しいです。
1キロはこのサイズで10個でした。じゅうぶんな量です。


e0131724_833583.jpg

名物の天丼は漁師町ならではのゴーカイさ!
はあ~ もうお腹に入りきらないほどです。ごちそうさまでした!


e0131724_881112.jpg

帰り道には こちらの九十九里工房へ。
汗びっしょりでガラス製作する職人さん達。これからの季節さらに大変でしょうね。
ここではガラス製作体験も出来ます。

併設されたファクトリーショップで素敵なガラス製品を思い出に購入しました。
夏の涼やかなテーブルセッティングに合いそうです♪




e0131724_854069.jpg

ドライブ中に J子ママさんから「送ったわよ~」と嬉しいメールが♪
Maison du Chocolatのボンボンショコラとガトーショコラが翌日届きました。
ママ、Merciです!
by eat-sweets | 2011-05-13 07:44 | ▼おでかけ


食べる・作る・遊ぶを綴ってます。  リンクフリーです。


by eat-sweets

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ファン

EATお茶入れたよ



メールはこちら まで 



EatSweetsお菓子教室
フェイスブックページ







インタビュー掲載です





























































































素材使用させてもらってます♪

最新の記事

雪のバレンタイン
at 2014-02-14 13:16
春はまだ先・・
at 2014-02-08 19:16
2014 明けました!
at 2014-01-08 15:23
秋のお菓子いろいろ・・
at 2013-11-01 22:19
秋桜畑
at 2013-10-18 10:45

タグ

(89)
(59)
(46)
(40)
(37)
(34)
(27)
(20)
(14)
(14)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(5)
(4)

以前の記事

2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
more...

最新のトラックバック

インド アンベール城 ジ..
from うひひなまいにち
インド ジャイプルの朝
from うひひなまいにち
Sweets photo..
from シアワセだより
Flowers and ..
from West Tokyo Today

検索

その他のジャンル

記事ランキング