カテゴリ:▼おでかけ( 45 )

関西の旅② 大阪に完敗した日

e0131724_145285.jpg

じぇいこ邸に泊った翌朝・・・・

どうやら私は爆睡してしまったらしく 目覚めは9:30・・・わわわ(汗)

すでに じぇいこさんは愛犬ジェイクとの散歩を済ませて朝ごはんを準備中・・・
はずかしーーーーーい! すぐ起きますっ


毎年恒例のDean&Delucaのホリデートートバック、今年は金ラメのロゴマークです
内ポケットが付いているので 定番品よりも使いやすいかも
じぇいこさん ジェイクのお散歩に持っていってね


おいしいカプチーノと エシレバター付きのライ麦パンの朝食をじぇいこさんにご馳走になった後・・・
ジェイク君にはさようなら 「またすぐ来るからね!」

大阪よ、キミには負けた
by eat-sweets | 2009-11-29 06:09 | ▼おでかけ

関西の旅① Deep大阪へ

e0131724_5421368.jpg

秋の行楽 3連休 いかがお過ごしでしたか?

行ってきました!関西の旅

目指すは人生3度目に降り立った駅 「新大阪」

実は今まで大阪という土地に縁がなかったのです・・・・
親戚もいないし 大阪の友達もいなかったしね 

身近に居なかったので 勝手に「大阪人はコワイかも」と思ってました

ゴメンなさーい!!

いやー 人も街も食いもんも素晴らしい! 一気にファンになりました♪

向かった先は・・・
by eat-sweets | 2009-11-25 07:09 | ▼おでかけ

丸の内ブリックスクエア デート

e0131724_0415237.jpg


シルバーウィーク みなさんいかがお過ごしですか?
お天気がいいので どこへ行っても気持ちがいいですね♪


休日に入る前に じゃんさんを誘った女子デート

最近 ますますオシャレなビルが建ち 目の離せない丸の内・・・・

e0131724_0451838.jpg

今月オープンした「丸の内ブリックスクエア」へ繰り出したワケは2つの目的があったのです
 (ここのHPは とても野暮ったい お洒落そうではないですが、行けばオサレビルと分かります)


e0131724_1462255.jpg

まず行ったのは「エシレ・メゾン デュ ブール」
今月オープンしたこのお店からはバターの香ばしい匂いがしてきて 思わずゴクンと唾をのんでしまう

さらにゴクンと唾をのむことに追い打ちをかけるのが 
買えるまでの行列が 恐怖の30分待ち・・・・・
 「これだから東京は嫌なのよーーー!!!!」

と叫びはせず、、、、、 もちろん じゃんさんと素直に並びましたわ


e0131724_133239.jpg



このブログは 私のお菓子仲間も見てくれているので 私信が混じりますが
いちおう店内の様子をレポしました ↓

 ・エシレバターのクロワッサン(小麦粉はVIRON製ヴィエノワズリ用の小麦粉アメリケーヌを使用)は
  毎日午前10時の1回のみ販売 (現在8:30から行列しているそうです・・) 
 
 ・「ガトー・エシレ・ナチュール」はまるで大きなエシレバターそのものの形。
  エシレで出来たバタークリームのアーモンドケーキは3,675円

 ・店内奥にあるオーブンで随時焼かれているのが、VIRONのパティシエによって作られるマドレーヌ、フィナンシェたち。
  他にもガレット、キャラメルなども販売。

 ・フランスから直送されたバターは30gから5kgまで販売され、30gがすっぽり入るリモージュ焼の専用ココットも買えます!


こんな感じでレポートいかがですか? 

ほぼ完売状態で 焼き立てのフィナンシェ&マドレーヌしか購入できませんでしたが
目の詰まった乾き気味の生地がなんとも言えず フランス風でおいしい!

ラッピングも素朴ながら可愛らしいものでした♪

同じ建物内のジョエル・ロブションのガレットが食べられる
イートインの店「LA BOUTIQUE de Joël Robuchon Marunouchi」も気になるし
スペイン王室御用達のショコラテリア「CACAO SAMPAKA」のアイスクリームはどんな味かしら?

むむむ・・・・また近々再来店してみます!

そして 2つ目の目的・・・
by eat-sweets | 2009-09-23 01:00 | ▼おでかけ

中山道③ 300年前を想う道

e0131724_17421285.jpg

今回の旅のメインの話をしましょう!

夫の誘いで 2つ返事でやってきたこの旅・・・・

e0131724_1739186.jpg



夫の趣味のひとつは 旧街道歩きです

 
 ・東海道   (日本橋~京都) 約486km  
 ・長崎街道 (小倉~長崎)   約223km
 ・山陽道   (下関~京都)   約550km



平均1日40~50km歩く 街道歩きの趣味は
前回歩き終えたところからの続きを歩く・・ということを繰り返すのです 


今 歩いている中山道は 全長537km なので おおよそ18日間かかる計算です
もちろん 仕事を休んで歩き続けることは不可能なので 少しずつ前へ進む旅・・・




e0131724_17481551.jpg


前回の記事の続きですが ・・・(こちらも読んでみてね)

この旅の前の旅・・・
妻籠の5キロ前で前回歩き終えた夫

今回は 前回の終了場所からのスタートです

まずは車を最寄りの駅に駐車したあと (面倒だ!) →
電車とバスを使って前回の終了場所まで戻り → そこからまず妻籠まで歩いて → 妻籠で待ってる私と合流

e0131724_1743991.jpg

妻籠で待っていた私は 名物 『栗きんとん』を試食して買ったり・・・

e0131724_17515181.jpg

名産物 『木曽ひのき』で手作りされた 丸田屋さんの曲げ物を購入したり・・・
これから 8キロ歩くのに何してるの? だけど買わずにはいられなかったわ


さあ!! 夫と合流しました
スタートです

e0131724_184583.jpg

野に咲く~♪♪ 裸の大将気分るんるんで写真をパシャ

e0131724_1852697.jpg

あ! 旧道はずいぶん狭くなるのね 夫よ 待って~

e0131724_1863856.jpg

300年続く道・・・
皇女和宮も 篤姫も 江戸へ渡る際に 通った道

私も 高貴な姫君の気分に早変わり! 息は上がっているけど ^^
「これ、侍従(=夫)。 曲げわっぱと栗きんとんは そなたが持つのじゃ」 (必死

侍従 無言で荷物を受け取りました・・・


e0131724_18115370.jpg

資料によると 和宮さまの降嫁の際には
 朝廷方数千人、幕府方1万5千人、人馬の継立て1日平均2万5千人の行列
この道を歩いたとされます

歩くのもキツイけど 
籠の中で ふんばるように座っていたあろう姫君たちも キツかったはず・・・・


e0131724_18233376.jpg

5キロほど歩くと 古い建物の休憩所がありました

作務衣を着たご主人が 「休んで行きなさい」と誘ってくれたので 遠慮なく甘えることに

大昔からお茶屋さんをしていた建物らしく 中はひんやり・・・・ 
囲炉裏の火で湧き出る水を沸かして 旅人にお茶を振舞ってくれました
 (※帰り際に寸志をお支払いしました) 

e0131724_18271492.jpg

汗をたくさん掻いたあとの お茶の美味しいことといったら!! 親切に感謝です



e0131724_18312626.jpg

お茶で生き返ったので こんな階段だってホイホイ登れたよー(嘘)
足がうまく上がらず・・・ はぁはぁ ゴールはあと何キロ?


そして ついに馬篭(まごめ)ゴーーーール!
馬篭は なんて言うか・・・
観光客ばかり と言うか・・028.gif 
まったく魅力なし032.gif

ミュールを履いた女の子、犬を抱っこした夫婦、慰安旅行の酔っ払い男衆・・・etc 
がワンサカ居て 急に現実に戻った気分でした

e0131724_18384632.jpg

馬篭茶屋の名物 『五平餅』
つぶしたご飯に 胡麻、くるみ、落花生を使った甘めの味噌をからめて焼いてありました

e0131724_18441773.jpg

歩いている途中にも 蕎麦の実の栽培が至る所でされていたのも印象的
ちゅるちゅると喉越しのよい 『とろろ月見蕎麦』


馬篭で 夫とはさようなら・・・・・!

さらに20キロ歩く夫と違い 私は電車で名古屋へ!
向かった先は・・・・むふふふのふ♪

なぜ あわてて名古屋へ向かったかというと・・????



e0131724_18515449.jpg

じゃんさんのブログで指をくわえて見た 赤福の季節限定品 赤福氷!!

これを食べるために 夫とアッサリさよならし 一人楽しんだのでした♪
控え目な甘さの抹茶シロップに 淡雪のような柔らかい氷・・
氷の中にはアンコたっぷりの赤福がぁ・・・・・・♪♪

じゃんさん、やっぱりお餅は2個入りよ

しかも名古屋駅のタカシマヤ店が激混みだったため
栄の松坂屋まで飛んで行く この食う意地!!

いやいや 旅のラストを飾るのに どえりゃー旨さだったです

e0131724_195075.jpg

今回の目標地まで歩き終えた夫は 再び電車で戻って → 車に乗り(はぁ面倒!)→ 高速で名古屋へ

名古屋に来たら必ず行く 『鳥勢』さんで
この旅の打ち上げと称して
羽が生えるほど 名古屋の旨い鳥料理を堪能して・・・♪


これにて中山道の旅おしまいです!
by eat-sweets | 2009-09-13 18:58 | ▼おでかけ

中山道② 早起きは朝飯の得

e0131724_753285.jpg


妻籠についた翌朝6:30

ひと足お先に 夫は宿を発ちました
「再び2時間後に妻籠で待ち合わせよう」 と打ち合わせをして・・・

それまでの間 私は妻籠の朝を満喫することに


「アンタら、何やってるの?」 と突っ込みどころが多いでしょうが
まあ、ごゆるりと一緒に楽しんでくださいまし 

写真盛り沢山で 容量が重いにゃー



e0131724_152687.jpg

        ボクはこの旅籠の 「まねき猫」にゃけど
        観光客が 朝からボクを撮影するので 困るのにゃ
039.gif




e0131724_7495564.jpg


「中山道」 とは日本橋(江戸)と三条大橋(京) の主に山側を結ぶ街道
「東海道」 は海側ルートで同じく 日本橋~三条大橋を結んでいます



むかし 皇女和宮篤姫も江戸へ上るときには 「中山道」を通られたといわれています

  なぜでしょう?

「東海道」は陸続きでない箇所が多く 渡し船を利用していたため 
船酔い、悪天候などによって女性には向いていなかったからなのだそう・・・



この古い町並み妻籠は
昭和40年代に 歴史を後世に伝えるため保存の再建がはじまりました


妻籠の住人たちは
町並みを守るために家や土地を
 『売らない・貸さない・壊さない』 をモットーに (よくある観光地にしないために)
江戸時代の町並みという景観を守りながら生活しているんだそうです


現代の便利な世の中で 守っていくだけでも大変だと思いますわ・・・しんみり

6:30 快晴
by eat-sweets | 2009-09-08 08:22 | ▼おでかけ

中山道① 妻籠

e0131724_8255035.jpg


金曜日・・・。

午後半休を取った彼と 14:30に出発し
中央道を走って19:30に 長野県木曽郡の妻籠に到着!
e0131724_1385865.jpg



e0131724_8335377.jpg

泊まった宿は 旅籠 松代屋さん
200年以上前からの営業で その昔は木賃宿だったそう。

夕飯の時刻に間に合わない利用だったので 素泊まりを出掛ける前に手配することに。


この夜は私たち夫婦と 外国人家族の利用のみ。


夜21時は 何の音もしない 真っ暗な世界になる・・・
こんなに音と光のない夜を過ごすのは 久しぶりのことでした。

e0131724_8425850.jpg


翌朝へつづく
by eat-sweets | 2009-09-07 08:41 | ▼おでかけ

夏の前のお話 神戸

e0131724_17445527.jpg


すっかりブログを放置して キョロキョロ動き回っていました

私の身内だと分かるのですが 動くと風邪をひいてしまう私
遊んでは寝込み・・・でした えへへ^^

蝉もそろそろ・・・終わりでしょうか?
今朝なんて 今まで聞いたことがないくらいのボリュームで聞こえた蝉の声 「ビィミーーーンミンミン!!」

「な、なにー?」と思ったら 網戸にへばりついて必死に鳴いてましたわ

夏前のお出かけで・・・
by eat-sweets | 2009-08-24 18:30 | ▼おでかけ

山梨・勝沼 ワインデート


e0131724_12285655.jpg


延滞誕生日のその後・・・

ブログのコメントで強気になった私は 夫に
「ねえ、誕生日何をプレゼントしてもらおうかっなーーー」
と これ以上笑えないほどのスマイルで問うてみた


「あのさ・・・・たぶんその感じだと忘れているんだと思うけど・・・
今年のはじめに限定品の○○を “2年分の誕生日でいいから買ってー”っつたの覚えてない?」





「ん・・・・・・・・?  あ!!!!!!」





というわけで すでに半年前にもらっていたのよねえ 延滞どころか前払いというオチでおしまい(汗)





e0131724_12343149.jpg

でも デートには行ったのよ  引越後まだ足を踏み入れていなかった山梨県甲州市へ
ぶどうの時期には早いけど 今は 桃・ブルーベリーサクランボ・スモモ がいっぱい!

甲州市勝沼の「ぶどうの丘」へ


e0131724_12544332.jpg

ぶどうの丘さんのHPによると

甲州市推奨の約180銘柄・約2万本のワインを一同に揃えたワインカーヴ(地下ワイン貯蔵庫)です。
専用の試飲容器タートヴァン(有料:1100円)で全てのワインを試飲できます。
ソムリエ気分でお気に入りのワインを探してみてはいかがですか。
試飲終了後、タートヴァンはお持ち帰りいただけますので、ご自宅でもお楽しみください。



本当にワイン好きにはパラダイスな場所ですよー
ひんやりした建物地下のカーヴに ずらりと並ばれたワイン瓶は圧巻!
日本の葡萄らしいフルーティーなワインたちが 赤・ロゼ・白のブースに分かれてすべての売り物の試飲ができます
全て・・・ということは180種類飲めるということですよ!
試飲にはタートヴァンというテースティング用の盃で戴くのだけど
ピカピカに光るタートヴァンはワインの色も分かりやすいし なによりプロっぽい気分が味わえてご機嫌に

夫は見学していただけで可哀想だったので いつか観光バスで再び来てみたい!



ここでワインを堪能したあと山梨名物ほうとうを食べたのだけど そこはイマイチで残念・・
そして果物屋さんでまたまた試食 おいしい桃とブルーベリーを買いました

さらに一番興味のあった この近くの美人湯ではのんびり温泉に浸かってツルツル肌に
「はやぶさ温泉」はph値が高く とろんとした美容液のような湯で大満足!






翌日の朝 ピンポーンとやってきたのが
e0131724_13413184.jpg

この記事を読んで食べてみたいなと思っていた 宝塚「パンネル」さんのパン!

うれしいな~ ありがとう!

e0131724_145144.jpg

ダンボールを開けたとたん プーンと香る小麦の匂い
チーズが温まる程度に軽くトーストして食べてみた      おおおいしいです!!


e0131724_1492397.jpg

例の手作りアプリコットジャムとも相性抜群~♪

こんな美味しいパンを頂けて嬉しい! 私もこれから注文しますねー

e0131724_14135854.jpg

この日の朝食は もちろん勝沼フルーツ三昧で  

e0131724_1416128.jpg


パンもジャムも美味しかったので たくさん食べました!
by eat-sweets | 2009-07-06 14:20 | ▼おでかけ

高野山② 宿坊へ泊まる

e0131724_9281440.jpg

高野山には宿坊が53か所あるそうです

More
by eat-sweets | 2009-05-11 09:46 | ▼おでかけ

高野山① パワースポットへ


e0131724_19502886.jpg


ゴールデンウィークの後半は 憧れだった高野山

2004年に 『紀伊山地の霊場と参詣道』 として
ユネスコの世界文化遺産に登録されたというニュースを見て
いつか行きたいと思ってました

どこもかしも素敵な風景だったので ボリューム満点な記事です(汗)
おほほ・・・♡ 写真もかなり凝らせてもらい 遊んでおります

今回はちょっぴり JRのパンフレット風の写真でお楽しみくださいねー

いざ! しゅっぱつ
by eat-sweets | 2009-05-07 20:16 | ▼おでかけ


食べる・作る・遊ぶを綴ってます。  リンクフリーです。


by eat-sweets

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ファン

EATお茶入れたよ



メールはこちら まで 



EatSweetsお菓子教室
フェイスブックページ







インタビュー掲載です





























































































素材使用させてもらってます♪

最新の記事

雪のバレンタイン
at 2014-02-14 13:16
春はまだ先・・
at 2014-02-08 19:16
2014 明けました!
at 2014-01-08 15:23
秋のお菓子いろいろ・・
at 2013-11-01 22:19
秋桜畑
at 2013-10-18 10:45

タグ

(89)
(59)
(46)
(40)
(37)
(34)
(27)
(20)
(14)
(14)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(5)
(4)

以前の記事

2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
more...

最新のトラックバック

インド アンベール城 ジ..
from うひひなまいにち
インド ジャイプルの朝
from うひひなまいにち
Sweets photo..
from シアワセだより
Flowers and ..
from West Tokyo Today

フォロー中のブログ

検索

Skypeボタン

その他のジャンル

記事ランキング