<   2013年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

恋するインド 美しいクロスたち

e0131724_22282169.jpg

雑貨でも輸出量の多い国、インド。

最近、ネットで購入したフランス風の雑貨が 実は「インド製」で驚くことしばしば。


そんな今回の旅では
インドでインドインドしていない雑貨を買いたい!
と ひそかに思ってました。



e0131724_23215686.jpg

なかでもジャイプルは雑貨の街
買い物好きは雑貨の文字だけでもわくわく。





e0131724_2340785.jpg

連れて行ってもらった先は シルクやインドコットンを扱う布屋さん。 

う~ん。。たしかに素敵な商品もあるけれど、私たち 「いかにもインド」的な物は求めていない。

お土産にパシュミナストールくらいは買って帰ろうかとしたときに・・・。
出会ってしまった、このシルク生地に!



e0131724_04894.jpg

ザラザラしたミルク色の素朴なシルク生地に 手描きによる花のシックなイラスト・・
さらには絵にそって縁取りされたミシン刺繍に至るまで たいへん美しい生地でした。

これに一目惚れしてしまったワタシ。
贅沢だけど・・・これをテーブルクロスにしたい!!



e0131724_00144.jpg

布幅は110cm。
我が家の90cm幅のテーブルに合わすには テーブルクロスとして加工せねばなりません。

すると 「いいよ、明日までに作ってあげるから」
ああ、後戻りできません~。




e0131724_0453374.jpg

このショップのオシャレな社長さん。

やわらかいインド綿にアイロンをかけたシャツ、サルエルパンツもオシャレな細身に仕立てていて
とどめに巻いたパシュミナの白いストールもカッコ良い。

この社長さんと 値段交渉をせねばならぬ! がんばるぞーー!



e0131724_1354032.jpg

    (見る角度によって キラキラ光って見えるのもお気に入り)

社長との価格交渉は そこまで安くならず、私の負け。
でも本当に気に入ったモノだったので、欲張った値引きを諦めました。
さあ、値段がやっと決まり、社長と握手で交渉成立です!

「日本で買ったら○倍はするかもね」 と 社長は言ってたけれど、
その前に シルクのテーブルクロスなんぞありませんよ(爆)

お買いもの後に「娘が3人いるけど大きくなって一安心した」という話や
「キミにはベビーが居ないのなら大丈夫。インドにはベビーが出来るパワーがあるんだ」とか
おっしゃってくれましたが、社長さん私の年齢をマイナス10才くらいだと思われてるはず(笑)


e0131724_2245529.jpg

さっそく自宅でこのクロスを使ったテーブルセッティングをしてみました。
今までブルー系のクロスは持っていなかったけれど 手持ちの食器とも合いそう!




e0131724_2295642.jpg

テーブルから垂らす部分は 布を足して縫ってもらっています。
少しでも柄を合わせようとしてくれた職人さん、ありがとう!
これからずっと大切に使っていきますね。



e0131724_2383817.jpg

こちらはデリーのインテリショップで買った テーブルナプキン。
クジャクが羽根を広げている様子が おめでたく見えるのでおもてなしにぴったり!

ハンドメイドペイティングで、綺麗な仕上げでした。



e0131724_2494245.jpg

クロス類が安いので こちらもデリーで購入したナプキン。

蜂?それとも女王アリ? の刺繍がされたテーブルナプキンです。
こういうのをフランスや日本で買うと本当に高い(涙)
インドでは1枚分のお値段で6枚買える値段です! 

同じくビーズ小物も豊富で安い。しっかりした作りのナプキンリングも6コセットで。


e0131724_11553434.jpg

白い食器と白いナプキンでもアレンジしてみた^^
ふふふ、こちらも良い感じ~


e0131724_37820.jpg

りんりんちゃんと合流したデリーで 偶然見つけたインテリアショップ。
センスが良いうえに・・・なんとファクトリー・アウトレット店でした。
(店名忘れた〜。カーンマーケットの奥だった)
ここでは うひひ&りんりん が喜んでお買いものしてましたよ♪




e0131724_392548.jpg

インテリア雑貨も まさに私の好きなモノがいっぱい売ってて、
しばらく呼吸をするのを忘れてしまったほど(笑)


インドにはいわゆるインド風雑貨に溢れているかとおもいきや、
これまでのインドのイメージが変わった旅でもありました!


e0131724_411321.jpg

こちらはデリーのカーン・マーケットにある 「good earth」 
リネン類やクッション、食器に至るまでセンスよい商品が揃っています。





つづく
by eat-sweets | 2013-02-25 06:30 | ▼おでかけ

恋するインド 象タクシーに乗って

e0131724_147085.jpg

綺麗な朝焼けを見て すっかりジャイプルに魅了された私たち。
ホテルをチェックアウトし、早朝から向かった先は「アンベール城」です。

さあ、あの宮殿に行くために象さんタクシーに乗りますよー!




e0131724_1204293.jpg

アンベール城は16世紀アンベール王国の首都。
小高い岩だらけの山腹にあるので、やぱり水の問題で遷都してしまったそうです。

湖面にも城跡が反射して とっても綺麗~。それにしてもインドの青空はホント青いね!




e0131724_137966.jpg

去年の夏 タイで象に乗れなかったので、絶対乗るぞー!

象乗り場では 観光客が並び・・・15分くらい待ちそうです。

この待っている列に割って入る土産物売りのオジちゃんがいっぱい。どなたも商魂たくましい!
売ってるものはボールペン、木彫りの人形、色移りしそうなTシャツなどなど・・・(どれもいらね)

私の後ろに並んでいた欧米観光客のシニア男性が そのたびに毎度
「おおーぅ、いいね!」 とか 「うーん、ラブリーだねぇ。まっ、いらないけどねw」
なんて お相手をするもんだから、インド人の売り子オジちゃんも必死で売り込みます。




e0131724_8315550.jpg

そして 「いかにもインド!」的ご衣裳のご婦人たち・・・のお掃除の方々。
列のすぐ近くで 掃き掃除をなさっている風景を写真で撮ろうものなら・・・

そこのアンタ、いま写真撮ったわよね、さあお金払いなさいってばよっ!
と請求されてしまいます。 なんでもインドビジネス。

そのアンタとは でっかい望遠レンズで撮影したいた欧米観光客のおにいさん。
揉めてる最中、「よっしゃ今がチャーンス!」とばかり 周辺のカメラ群衆達は、バチバチ撮影~(爆)




e0131724_1374617.jpg

あ!! このピンクの乗り台!

今朝ジャイプルで会った象さんにも装着されてたよね?
本当に通勤だったのねー。
e0131724_1021149.jpg

 (※参考:既出の記事より)
これが朝(6:30くらいかな?)に市街地で会った象さん。
ここからアンベール城までけっこう距離あるよ。 おつかれさまー。



e0131724_1381964.jpg

さあ、順番が回ってきました! この象さんに乗ります。

この象さんの定員は2名まで。2013年2月現在900ルピーです。
(2007年のロンリープラネットには4名まで400ルピーと明記されてたので、すごい値上げかもね)

ガイトA君に「チップ払ってあげてくださいね」と言われました。
私たちは あまりチップ文化に慣れていないけど、A君は自ら至るところでチップを払っていました。
インドでは持ってる人が持たざる人にあげるのは習慣、とは聞いていたけれど その通りでした。




e0131724_1384673.jpg

象さんタクシー、現在は150頭ほどだそうです。 なんか遊園地のアトラクションぽい。




e0131724_922611.jpg

「では宮殿までお願いしますっ」 いざ出発進行~。

象の背中は高かったです。景色が良く見えました~。
でも、けっこうこのタクシーは安定が悪い(笑) ぐわんぐわんと体が動いてしまいます。

負けてはならぬと 私たちも腹筋をつかってカラダを安定させながら写真を撮ります。




e0131724_912528.jpg

ちなみに乗れるのは往路のみ。復路は人を乗せず下っていました。
コーナーではちょっと渋滞しちゃいます。




e0131724_9263313.jpg

なぜか私の頭の中では 「ガンダーラ♪ ガンダーラ~♪」 ゴダイゴの歌が頭の中で大音響!

妄想が大得意な私。
気分は三蔵法師です。 もちろん!!!夏目雅子の、ね!





e0131724_9304889.jpg

象さんは 一頭ごとに お化粧が違います。この子、可愛い~♪

私たちの象タクシーおじさんは 携帯おしゃべりが始まりました。おじちゃん前方見てねー




e0131724_9423970.jpg

頂上に着くと ガイドのA君(23歳!若い!)が待っててくれました。

なんとも彼が真面目ながらも しっかりボケもしてくれる人で、旅が倍増に楽しかったです。
(ちなみに私のオヤジギャグは笑ってくれたものの、下ネタを振ると見事にスルー・・・)
A君、日本に来るときは うひひさんと私で東京タワー案内するからねー!




e0131724_9537100.jpg

象さんタクシーは宮殿に着きました。これからは歩いて見学します。
ここにも「おれ市民ガイドなんだけどガイドするべ!」な売り込みが凄い!





e0131724_11273797.jpg

建物はもちろん古いけれど、それを感じさせないほどキラキラゴージャスな鏡細工があったり、
繊細なモザイク細工しかり。 色の配色やアーチのデザインに魅了されまくりです!





e0131724_1226480.jpg

太陽はぽかぽか照らしだし 風はそよそよ
ここでは ゆったりスローな時間が流れています。

ダイナミックな景色は ずっと先まで見通せて・・・。この景色ずっと頭に残りそう。





e0131724_12394188.jpg

午前中にたっぷり見学を済ませ、ランチへ。

ツーリスト用のレスントランだったけど、ポカポカ陽気で牧歌的な感じ。
インドのレストラン、テーブルセッティングがキッチュなんだけど どの店も可愛かったな。



e0131724_12422620.jpg

ジョッキグラスに 冷えたビールを注いでもらい・・・・かんぱーい!

インドのビール、キングフィッシャーはとても軽め。うーん、例えるならバドワイザーみたい。
滞在中、よく飲みました!



e0131724_124657100.jpg

お食事はもちろん、インドカレー!今日はバイキング形式で自分で取って食べました。

この後に長距離移動するので 最初は遠慮がちな量をお皿に盛りつけましたが・・・
「うまーい!」
ランチ終了で片づけようとするのを制止し、おかわりをしたのは言うまでもありません!

午後にもうひとつ世界遺産を見学し、タージマハルのある街、アグラーへ移動します。


e0131724_1637068.jpg

この日の夜は ボリウッドによるインド感1000%のインドダンスショーを鑑賞してホテルへ帰りました。
ちょっと胃も体も疲れ気味だったので、ルームサービスのディナーに

宿泊したホテルはイタリアンが美味しいらしい。Hot Soupカップ、ぽってりして可愛い♪
カップたっぷりのマッシュルームポタージュもラビオリも美味しかったな。
これで明日もカレー食べられるよ!

タージマハル、天気が良いといいな♪


つづく
by eat-sweets | 2013-02-23 22:03

恋するインド ピンク色のジャイプル

e0131724_217840.jpg

朝6時。 こんな美しい朝焼けは見たことがありません。
湖面は眠っているように静かで、地上にあるものを鏡のように反射させていました。


「行く?」 「行っちゃう?」

そんな会話で実現した旅。
行く前のこの国の印象とは 帰ってくるとまったく変わりました。

きっと数日行っただけでは「インドってね・・・」と語ることはできない、大きな国インド。
数日前に戻ってきたばかりなのに また戻り・・・いえいえ、行きたくなっちゃう。

もっともっとアナタを知りたい! 私はインドに恋してしまいました。



e0131724_23474726.jpg

ご一緒したのは 旅の上級者うひひさん。

そして、今回の旅のきっかけともなった共通の友人、りんりんちゃん。


現在、ご主人がインド単身駐在中のりんりん家。
その夫婦の再会に 私たちも同行させてもらっちゃったのでした。


旅行前から りんりん夫妻にはガイドやホテルの手配でお世話になりっぱなし。
このお2人がいなければ、こんな素敵な旅にならなかったことでしょう!りんりんちゃんありがとうね♪


りんりん夫婦は別の地方へバカンスに行くので、旅の終わりにデリー合流の約束をして
私たちは「はじめてインド」でおすすめのジャイプル、アグラーへ。


うひひ、TAE、そしてドライバーさん、ガイドさん 計4人の地方旅のはじまり始まり~。
4人のフィーリング(?)が合ったのか、長距離の道中も行き当たりばったりで楽しかったです。

「さあ、出発!!」

いざ、インドの地方へレッツらゴー!




e0131724_219449.jpg

前々日・・・初めてのデリー空港。
りんりんダンナさんに迎えにきてもらいホテルへ。

そのデリー空港の両替所でさっそく「インドの洗礼」を受けてしまう私たち。

まさか空港内の両替所の係員が お札を1枚ピンハネするなんて007.gif
しかもその手つきがマジシャン並みにダマそうとしてた(笑)

ええ!もちろん再度、自分たちでお札を丁寧に数え直して正しいお金を受け取りましたよ017.gif




e0131724_014313.jpg

そんなデリーを出発して、向かう道中では
今までに経験したことのない車の多さと大渋滞と大音量のクラクション!

260km離れたジャイプルに着くと そこはリゾート地を思わせる別世界・・・。
ちょっと疲労気味だった私たちは この街にとても癒されたのでした。




e0131724_192148.jpg

ジャイプル またの名をピンクシティ。
ピンク色の朝焼け いたるところ塗装もピンク色に塗られています。

象さん!  これから観光地へ通勤のようです。




e0131724_2225939.jpg

宿泊したホテルの目の前のマンセイガー湖 

わらわらと集まってきた インドの青年も・・・ 待っています。










e0131724_2233256.jpg

いつのまにやら寄ってきた ワンコ達も・・・ 待ってます。





e0131724_553887.jpg

ちなみにインドでは 牛はもちろん、犬・猫・イノブタ・ヤギ・ヒツジ・ロバ・・・
まるで動物園のように 至る所にいます。





e0131724_226893.jpg

そして・・・・・そして!!
待ち人がとうとう現れました!

強い強い光を持った太陽が 顔を出しました。




e0131724_2361381.jpg

「うひひさぁぁーん(ホントは本名)、感動で涙が出るねーー043.gif

湖に浮かぶ水の宮殿の後ろから 光線のような強い光をもって上がってくる太陽。
日本でも毎日、同じ太陽を見ているはずなのに インドで見たそれは偉大で迫力満点!



e0131724_235857.jpg

この自転車隊の人たち、追い越す時に全員わたし達に手を振ってくれた~(笑)



e0131724_3115468.jpg

さあ、朝になりました!
観光へ出かけましょー





e0131724_3131153.jpg

とにかくジャイプルは ピンク色!
ピンク色は幸せの色なのだそう(私もそう思う)



e0131724_318478.jpg

そして 雑貨と陶器と宝石の街!

バイヤーTAEは何を買ったのか?



e0131724_3205452.jpg

観光名所シティパレスもピンク一色。
このローズがかったピンク色は私の好みでした。白い紋様も素敵!

シティパレスは現在もマハラジャが別棟で住んでいらっしゃるのだそう。





e0131724_3243287.jpg

そのピンクシティにいた、凛々しいお顔の衛兵・・・(?)

まあ!マハラジャのプリンセスに仕える方かしら?
お姫さま、来るかしら? うふふ、どきどき。




e0131724_3283612.jpg

「怪しいヤツはおらぬか?」 と鋭い目で見張っているのかと思いきや・・・

なななんと! 彼は手にした杖をザザっと天に向け、敵を威嚇!

e0131724_4513739.jpg

怪しい敵・・・・・それはハト。 
この人のお仕事は鳩駆除士だったのです。

インド、すげーーー。





e0131724_3554699.jpg

とても有名な 風の宮殿。
ジャイプルのシンボル的な建物で、200年以上前に建てられたそう
この小さな窓から 外に出れないイスラムのお妃さまは外の通りを眺めていたのですって。





e0131724_411541.jpg
 
ジャイプルは宝石でも有名な街。

んがしかし、
私たちは旅のはじめに 「お金少ししか持ってないので高いものはいらなーい」 と
ガイドのA君に釘をさしていたため、宝石なんぞは買わなかったのです。

しかし・・・しかし・・

その舌も乾かぬうちに けっこうデッカイ買い物をしてしまい、うひひさんに迷惑かけた私なのでした。
またそのお話は 次の機会に・・・。


今回の旅は 一眼レフは持って行っておらず、コンデジのみ。写真がうまく撮れませんでした。


インド旅、続きまーす!
長い記事をご覧くださってありがとう!



うひひさんのブログのほうが綺麗よー。読んでみてね!

ピンクシティ ジャイプル
インド ジャイプルの朝
by eat-sweets | 2013-02-18 05:12 | ▼おでかけ

2月のレッスン報告

e0131724_6494132.jpg

昨日はバレンタインデー。
うちのダンナさま、なんと結婚後最多のチョコレートを頂いて帰ってきました。
やっぱり嬉しいみたいです^^


さて今月のレッスンメニュー。
旅行が入っていたためバレンタイン前にギュッと縮めて行いました。
手間がかかるアマンドショコラは手作りチョコとしては最高かもしれません♪

アーモンドをローストして、シロップをからめて結晶化させ、それをキャラメリゼ・・・
さらに美味しいチョコレートをテンパリング・・・
テンパリングしたチョコをすこしずつキャラメルアーモンドにからめていき・・・
ほんの少しのココアパウダーで仕上げます。すんごい手間です。アナタの想いが詰まりまくりです♪

レッスン生のみなさん、復習しましたか?(笑)




e0131724_7151947.jpg

そして 2つ目のメニューは「チョコとレモンのケーキ」


e0131724_214232.jpg

レモンの皮を生地に加えて焼き上げ、レモン果汁で作ったシロップをたっぷり付けて・・・
レモンの酸味で キューンと酸っぱいケーキ、でも最後にチョコの甘みが口の中に残ります。
チョコチップは おいしいカレボー社のチョコチップ!おすすめ。



e0131724_21555269.jpg

テーブルはピンク!ピンク!ピンク!





e0131724_21431353.jpg

どこまでもラブリー全開で恋のテンションを上げまっす!! 男性ドン引きです。




e0131724_2203812.jpg

というわけで、今月のメニューは

 ・アマンド・ショコラ
 ・チョコとレモンのケーキ
 ・ポロボローネクッキー

でございました。どたばたと3品作りましたが、ご参加ありがとうございました!
なお、来月レッスンは都合によりお休みいたします。申し訳ございません。


さあ、私もこれらのお菓子とパスポートを持って旅へ行ってきましたよ。
さてさて その国のスイーツ事情はどんなだったのでしょう?わくわく♪

次回は珍道中の旅日記です!
by eat-sweets | 2013-02-15 22:07 | ▼EAT

ハートのガトーショコラ

e0131724_949185.jpg

もうすぐ バレンタイン!
手作り女子は いまからドキドキしているのでしょうか?
我が家の男子(=おじさん)はチョコを誰からもらえるのかドキドキしているようですけどね。


先日のワークショップ時に作ったハート型のガトーショコラ。
食用バラを挿したら、部屋の暖かさでふんわり花びらが少しずつ開いて・・・
その様子がとても愛らしかったです。



e0131724_955879.jpg

型を利用して ハート型に焼きました!
既製品のハート型では 私の理想を満たす製品はなく・・・ 

作りたいサイズ&理想のハートの形 の型を見つけましたよ!
このハート型というのがね・・



e0131724_9585755.jpg

なあんと!
牛乳パックのハート型です。

作り方は簡単! 

使用済みの牛乳パックを開くと4面になっているでしょ、(底と注ぎ部分は切り取る)
あれを1面ずつ長方形になるよう切り分けて、そのうちの2枚でハート型にするだけです。

ホチキスで隙間なくパック同士を留めれば ハート型が出来上がるはず。
そして、型よりも1cm高くオーブン紙をセットすれば完成です。

平らな天板ならそのまま生地を流し込んでも漏れることはないはずですが、
斜面が付いている天板ならばアルミホイル等で包んだほうが良いかもしれませんね。

まっ、思いつきでチャレンジしたら成功しただけなので、細かい質問は承れません~(笑)



e0131724_1092535.jpg

思い出せば 私が高校生のころ・・・・
当時の彼氏に作っていたのは トリュフチョコでした。

実家のキッチンの窓を開けて、室温を下げに下げてトリュフチョコ80個・・・・・。

あんな大量に作ってあげて、何を伝えたかったのか? 当時の私。
しかも寒いキッチンでの作業で 必ず風邪をひいていたような・・・。
さらに彼は チョコがあまり好きでなかったはずなのに・・・。
自己満足マンマンなバレンタインだったかもしれません。


さあ!全国の手作りバレンタインチョコ女子のみなさま。
アナタこそ、素敵な男性へ想いが届きますように!応援しています!
by eat-sweets | 2013-02-04 10:14 | ▼手づくりお菓子

2月 バレンタインテーブル

e0131724_19463690.jpg

気づけばこの季節。
サロンドショコラへ通いつめ、好きな人へ・・というよりも自分のためにチョコを買ってしまう、
そんな季節がやってきました。それにしても 今年もものすごい混雑でしたね。


そしてレッスンのテーブルデコも プリティピンク!もう~ブリブリにピンク色です!
さらに2月は東京ドームのテーブルウェアフェスティバル。
去年、応募用紙が届いたときに「応募しようかな~」と思ったけれど、結局せず。
いつか、このブリブリなテーブルで応募してみたいものです。


e0131724_19512189.jpg

テーブルクロスに合わせたくて、ピンクのマカロンを焼きました。
マカロンタワー、最近では30分もあれば作れちゃう!

うちのガスオーブンではここまで焼き色が綺麗に出せないので、
いつもお世話になってるJママ様のところで焼かせてもらいました。
金色のアラザンを頂いたので、それも飾ってみました。ママ、メルシー♪



e0131724_1954437.jpg

天井にも プリティピンク。

これはマーサ・スチュワートのクラフトで、ポンポンキットなのです。
幼稚園のお遊戯会の巨大版。軽いので、どこへ吊るしてもOK!
しかも再び使用できるように畳んでしまうことができちゃうんですー。
marikobrownさんのブログで紹介されていましたのでリンクさせてもらってます♪)
 ※ marikobrownさん、OKのご連絡ありがとうございました!



e0131724_20102351.jpg

近くにはレ・クリントも吊るしているので、天井まわりが賑やかなことに




e0131724_20121384.jpg

今年もせっせと「怨念の8回チョコレートかけ」をするアマンドショコラを製作中。
レッスンメニュー風景は次回に・・・・♪
by eat-sweets | 2013-02-02 20:14 | ▼EAT


食べる・作る・遊ぶを綴ってます。  リンクフリーです。


by eat-sweets

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

ファン

EATお茶入れたよ



メールはこちら まで 



EatSweetsお菓子教室
フェイスブックページ







インタビュー掲載です





























































































素材使用させてもらってます♪

最新の記事

雪のバレンタイン
at 2014-02-14 13:16
春はまだ先・・
at 2014-02-08 19:16
2014 明けました!
at 2014-01-08 15:23
秋のお菓子いろいろ・・
at 2013-11-01 22:19
秋桜畑
at 2013-10-18 10:45

タグ

(89)
(59)
(46)
(40)
(37)
(34)
(27)
(20)
(14)
(14)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(5)
(4)

以前の記事

2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
more...

最新のトラックバック

インド アンベール城 ジ..
from うひひなまいにち
インド ジャイプルの朝
from うひひなまいにち
Sweets photo..
from シアワセだより
Flowers and ..
from West Tokyo Today

検索

その他のジャンル

記事ランキング