タグ:学び ( 11 ) タグの人気記事

シュガーアートは乙女の世界

e0131724_738138.jpg

このお話は夏本番前のさわやかな日差しの頃のお話。

シュガークラフトに興味があったのものの、今まで習ったことがなかった私。
お友達のyukieさんのこんな素敵な記事を見たとたん、「私にも紹介してー」とお願いしたのでした。
トップのお写真、これは先生の見本です。
記事のラストには私の不器用作品を載せたので比べてみてね(涙)

実はこのレッスンは第2回目。1回目はyukieさんのようにクッキーにアイシングをしました。
2回目だからコツがつかめてるといいけれど。


e0131724_748516.jpg

教えてくださった先生は 元タカラジェンヌ♪ もちろん娘役。
ご卒業後、本格的にシュガーアートのお勉強をするため英国で学ばれたそうです。

ふだん自称乙女を名乗っている私ですが、 先生を前にして今後は封印しなければ(爆)
(先生のブログ
乙女な先生に乙女なシュガークラフトを習うって、すごいです!空気までピンク色な気分~
「こうやって絞っていくんですよ」 優しい先生の指は軽やかに動くけど・・・・
さて、アタシはというと・・・?


e0131724_754261.jpg

ぶぶ。 この写真だとちょっと良さげに見えるけど、実は細い線なんて、ふにゃふにゃなの!
ピンクの薔薇は型があるので上手く抜けるのだけど・・・それすらも隣のyukieさんにお願いするほど。
あらら、こんなに不器用だったなんて、自分でも知らなかったわー。



e0131724_832365.jpg

こちらがアタシが作った作品です。 なかには勘違いして独創的に作ったモノもあります。(ん?)
バタバタしたけど作り終える時には何ともいえない達成感があって、感動ほろりでした。

うふふ♪ きゃあ~♪ かわいい~♪ などと、発する言葉もなんとなく可愛らしくなる空間。 
サロンではクラッシックが流れ、猫ちゃんがときどき優雅にごあいさつしてくれました。
また真の乙女に変身したいときに 再びサロンへ行こうと思ってます♪


ご一緒したtomさんのご自宅がサロンの近くだったので、歩いてtom邸へ・・・・
みんな作品を仕上げて気分は乙女色でいっぱーい♪
ちょっと喉が渇いてしまったので、ダージリンティーにする?それともアッサムが良いかしら?ふふふふ♪






e0131724_8135064.jpg

んな訳あらしませんがな! 着いたそうそう、プッシューとやりましたよ、昼間から。
(夫よ、本当に申し訳ございませんm(__)m)

お気づきのとおり、私はエセ乙女です
どうもこういうオチを付けないと気が済まなくなってしまったのです。
by eat-sweets | 2012-07-29 08:22 | ▼学び

特別なフレンチレッスンへ

e0131724_9331694.jpg


1年前から 楽しみに待っていたレッスン♪
玄関を開けると・・・・すばらしい一日のはじまりです


e0131724_9455285.jpg
ル・コルドン・ブルー・パリ校のパトリック・テリアン氏。
とっても優しそうです。



e0131724_10401735.jpg
弘美さんのご自宅でスタートした、夢のようなレッスンの始まり~!





このレッスンは コルドンを卒業した弘美さん宅にてテリアン氏が教えてくださるという、
とんでもなく贅沢なひとときなのです。すごい師弟愛ですっ。
去年そのお話を弘美さんから伺ったときに「行きたい・・・」と涙ぐんだところ
「来年はtaeさんにも声掛けますね」と言ってくれたのを覚えててくれたのね。
うぉぉ~ありがとうございますっ。

当日さらに贅沢なのは 弘美さんがシェフのフランス語を通訳してくださること!
おしとやかな京美人の彼女ですが、やはり関西人なのでボケツッコミはもちろんやってくれますー。
シェフと息ぴったりなアシスタント、ときどきシェフへのツッコミ通訳も混じられて、笑いもあります。



e0131724_119731.jpg
ご挨拶と記念撮影を終えて、すぐに取り掛かったのは カリカリ野菜たち。
すべてがマッチ棒サイズに整然と揃っている姿に感動していると・・・


e0131724_11163585.jpg
あっという間に美しいサラダの出来上がり!
ビーツ、かぶ、赤玉ねぎ、カリフワラー、絹さや・・・・食感が賑やかで楽しそう



e0131724_11243683.jpg
こちらはデザートに使われるフルーツの下ごしらえ。 
パイナップル、りんご、マンゴー、キウイ、梨、いちご・・・すべてのフルーツが同サイズにカットされてます!
果汁は丁寧に取って前菜のソースに使用しました。



e0131724_12163445.jpg
骨付きのラム肉の下ごしらえも美しいっ。
綺麗に取り除かれた骨周りの肉はソース鍋へ。無駄がないのですね~



e0131724_12102292.jpg
フランス料理といえばソースですね。
ソースつくりに欠かせないアドバイスをたくさん教えてもらいました。う、うちで復習しますです・・・



そして、完成です!!



e0131724_12535869.jpg
カリフラワーのバヴァロワ、カリカリ野菜とスモークフィッシュ
カリフワラーとスモークサーモンを合わせた淡白なムースと賑やか野菜たち。


e0131724_12551460.jpg
子羊ヒレ肉のロティ、スパイス香るソース、トマトとフヌイユのコンフィ
実は私、ラムは得意ではなかったのですが美味しくいただけました。
お肉はちょうどよい焼き加減で臭みなどはゼロ、そしてソースがこの上なくおいしい!!





e0131724_1332820.jpg
フルーツとペパーミント、バジルのタルタル仕立て、カンパリとオレンジのソルベ
お食事と合わせたワインでほろ酔いのところに 冷たく仕立てたデザート。
あの全てのサイズを揃えてカットしたフルーツたちが均等に口の中で合わさっていきます。




シェフのお人柄もにじみ出る、なんとも温かいレッスンでした。
そして、弘美さんの完璧な通訳で分かりやすかった~!

メンバーは弘美さんのお料理教室の生徒さんたちでしたが、みなさん良い方で・・・♪
その中のお一人とは帰り道にデートしちゃいました。初めてお会いするのに共通点があってビックリ!
縁があるのですね~。
久しぶりにクミコさんとも会えてうれしい。この時譲っていただいたチャリティーの栗のお話は別の機会に・・・♪



e0131724_13104293.jpg
お仕事中の姿はキリリ、プライベートではおっとりさんな弘美さん。
この日はどうもありがとうございました!

関岡弘美さんが出された、著書は私も買いました!
これからエネルギーについて何から始めていこうと考えた時、このご本はヒントになると思います。


これからもご活躍、応援してます~
by eat-sweets | 2011-11-18 09:54 | ▼学び

4シェフ勢ぞろいの講習会へ

e0131724_14444231.jpg

ひさびさの更新になります。



さて、冒頭の楽しそうな集合写真は
こんな姿を見るほうが少なそうなのでTOP画像にさせてもらいました(笑)
愉快な男たち・・・・ではなく、今を時めく新鋭パティシエ氏4人組です。

今回は私の記録用につらつら長く書き連ねてます(スイーツおたくネタです・・)


e0131724_14573612.jpg

昨年から楽しみにしていたお菓子の講習会。
 
東京・目黒「ドゥー・パティスリー・カフェ」菅又シェフ、埼玉・浦和「アカシエ」興野シェフ、
大阪・吹田「ケ・モンテベロ」橋本シェフ
 という豪華メンバーが揃ったこと。 (写真左より)
しかもアシスタントとして、大阪の「ラヴィルリエ」の服部シェフも参加!(この時食べにいったパティスリー)

さあ!講習会スタートです         

スイーツいっぱい
by eat-sweets | 2011-01-20 15:52 | ▼学び

ベルエ・コンセイユ2010

e0131724_22572937.jpg

はあ~♪ 楽しかった

今年の講習会は 実家に近い専門学校で開催されたので
これを言い訳に実家に居候していた私。


M.O.F.Perruchon先生も 通訳のF子さんも毎年恒例のメンバーさんもお変わりなく、
楽しい雰囲気でお菓子に囲まれた数日・・・。

e0131724_233124.jpg

むかーしからある 「オペラ」というアントルメ

もうレシピは出尽くした、といわれても過言はないオペラケーキだけど
これが皆を唸らせるほどの美味しさで・・・私もしばし言葉が出なかったほど!

シェフも「どこのパティスリーよりもおいしいと思うよ」 とおっしゃるほどの自信作!

ぜひ復習しますっー



e0131724_2372791.jpg

ほんの少しだけ使用するデコレーションも手を抜かないPerruchon先生。

カカオバターを刷毛で塗り、模様を付けたら金粉を刷り込み、
2種類のチョコレートをそれぞれテンパリングして2層に重ねて・・・

2等辺三角形にナイフで切り込みを入れて丸くカーヴを付ける・・・

ああ、なんという工程の多さ (文章を打つのさえ面倒




んでもって  このチョコレートの飾りを何に使ったのかというと
e0131724_23324686.jpg

    ↑ ここの部分だけに使用・・・・(汗)

  毎度思うけどすごいエネルギーだと思います。 

1枚目に写っているアメ細工も 急きょ、そこにある道具を利用して手早く作られたのも驚きでした。

日本では湿度も違うし、使っている砂糖も違うので 調整が大変だったはずなのに、
そんなハンディはまったく気付かせない作品ができました。すごい。





さーあ! 刺激をたっぷりもらってパワーチャージできました!
自分のレッスンもがんばろう^^
by eat-sweets | 2010-09-24 22:57 | ▼学び

柳瀬久美子さんのお料理教室へ

e0131724_8501572.jpg

8月はじめに伺った閑静なご自宅・・・

フードコーディネーターでもあり、お菓子研究家でもある柳瀬久美子さんが このたび
新しくスタートされたお料理教室へ行ってきました。

通されたダイニングを見たとたん 「わあ♪♪♪」 と乙女心が沸いてきてしまう!

8月のお料理のテーマは Paris~Marrakech でした。
フランスに住まれていた久美子さんならではのマグレブ料理だそうです。 ああ、楽しみっ♪


柳瀬久美子先生は 私が昔から大切に所持しているお気に入りのレシピ本の著者です。
優しくやわらかいイメージのスイーツを作り上げる久美子さんのファンだったので当日はドキドキ。

この日はお料理もさることながら ‘おもてなしの心’をあらためて教わりました。


e0131724_22541344.jpg

ピカピカに磨き上げられたワイングラスに まずはウェルカムドリンクが注がれます。
 (写真ではお食事の時の白ワインが注がれてるときのものでした)
キリリと冷えたガス入りのミネラルウォーターは 久美子さん宅でガスを注入した自家製のものだそう。

冷えたビールなみにおいしいっ!

テーブルには モロッコをイメージしてバラをはらはらと散らしてあるので、ふんわり良い香りです♪




e0131724_12305716.jpg

モロッコといえば 「ダジン」です。

このダジン鍋の中には お肉や野菜、そしてイチジク・・・・
クミンやコリアンダーのスパイスの香りもしてきて、なんとも良い香り!

レッスンは デモストレーション形式で丁寧に目の前で作ってくださいます。


さあ! てきぱきと仕上げらえたお料理が出来ましたよー


e0131724_12354135.jpg

・キュウリの冷たいスープ Velouté de concombre
・タブレ Taboulé
・ブリワット ホタテ貝のバトン Briouat - Batons de coquille Saint-Jaques
・鴨とイチジクのタジン Tajine de canard aux figues
・バラの香りをまとったブラマンジェと桃 Blanc mangé et Marinade de pêche s'habillent en rose

スパイスと野菜がたっぷりなメニューは どれも美味で異国間たっぷり!
食後の桃のブラマンジェもローズ水が加えられているので、ふんわり女の子の味がしましたよ♪

これらのお料理に合った白・赤ワインも出されていたので、もち飲む私。 
あああ~!! ワインを飲んでしまったら豹変してしまうんですぅぅ~


久美子先生もレッスン終了に ほっと一息疲れてワインを頂いていたようで、
ほろ酔い気味がなんとも可愛らしい。

私も 本性まるだしでおしゃべりが止まらない・・・・・。ああ、他の皆さま、すみませんでした。




e0131724_13194985.jpg

食後にはスペアミントとペパーミントをたっぷり使用した 無糖のミント・ティー。
後味すっきり、夏の暑さもスーッとおさまる爽やかなのど越しでした。

最後までおもてなしに満たされた一日。 この心得もぜひ今後に役立てたいな。



e0131724_12573621.jpg

わたくし自称 ‘乙女’を名乗ってましたが、久美子さんは本当に乙女なお方。
キュンキュン・オーラが光っておりました。

空調の関係で壁にパイプを通してある部分に ほんのちょっと遊び心をプラスしているのも
ユーモアたっぷりで可愛らしかったです。



また 次回お会いできるのが楽しみです!
by eat-sweets | 2010-08-18 23:01 | ▼学び

一眼レフで写真を上手に撮るために・・・

e0131724_12231099.jpg


エキサイトの人気ブログ「今夜もeat it」の関川真佐夫さんの本が届きました

ただいま熟読中です
私の今後の写真が上達するか成果を出さねば (えへへ笑)


ご本の内容を一部抜粋すると

 
    カメラの持ち方・構え方、
    露出補正・ピント合わせの仕方、
    絞りの調整の仕方、
    テーブルフォトの撮り方
       (などなど・・・)



からはじまって・・・

 
    お菓子の撮り方、
    透明感のある料理の撮り方、
    お花の撮り方、
    アクセサリー類の撮り方
    湯気の撮り方、
    ワインラベルの撮り方、
    器の撮り方などなど・・・・・
       (他にもたくさん)



そして特にブログをなさっている人が困っているのが
 
    夜に昼間のような撮影をする方法


さらに
 
    撮影後のレタッチ(トリミング・色合いの調整)の仕方



などなど・・・・
この本一冊で 「カメラを構えてからブログにアップするまで」の詳しい情報が盛り込まれています♪


私がデジタル一眼レフのcanon EOS kiss X2を買ったのが2008年の8月でした

そのころは ただ押すだけのコンパクトデジカメに慣れていたので
「昔風の黒い&重い&自分で調整する」 一眼レフを前にして 
リンダ並みに困っちゃっていたあの頃・・・


そんなころ関川氏と出会いました
 (懐かしい思い出も 
 
ただ目の前のものをパシャと撮るのではなく より美しく・より美味しそうに撮ることを
とても詳しく教えてくださいます

ご本の内容は いつも関川さんのおっしゃることがギューっと詰まっています!


「[デジタル一眼レフ]手軽できれいな テーブルフォトの撮り方教えます」
 技術評論社 定価(本体1980円+税=2079円)
 2010年4月8日発売

by eat-sweets | 2010-04-14 12:56 | ▼学び

ベルエ・コンセイユ2009

e0131724_10402520.jpg


シルバーウィークはコックコート着てました
気持はゴールデン色

毎年楽しみなフランス菓子学校ベルエ・コンセイユの来日講習会

More
by eat-sweets | 2009-09-28 11:34 | ▼学び

うっとり~2

e0131724_18203458.jpg

以前のうっとりさん邸での第二弾。 またまたうっとり。

このテーブルウェアは台湾のFRANZ 社のもの。 ものすごく繊細な作りです。
蝶がひらひらと舞っています。

うっとりさんはテーブルコーディネイトのプロです。お菓子ももちろんプロ!
(ご本人がこちらで紹介なさってます)

そして美人なうっとりさん。部屋もご自身もいい匂いがします。

(うっとりさんというのは私が勝手にこのブログのみで呼ばせて頂いただけです)
ほんとはこの方です。


FRANZ。
実は私も今春台湾へ行ったときに、最後まで買おうか悩んだけれど
置場もないし、使いこなせない・・の現実に諦めたのでした。 日本で再会できたのが嬉しい!

うっとり邸の主さんは、先日行かれた台湾からすべて手荷物で抱えてきたそう。
万が一のために厳重に梱包してもらったとの事でした。 もしも・・なことを考えると箱を開くまでドキドキ・・
e0131724_1836249.jpg


おそろいのカップ&ソーサーもうっとり。
どうやって、この紅茶を飲むんでしょう?
蝶の胴体に指を入れてカップを持ち上げると、すんなり飲みやすいです。




                       またもや癒された午後・・。

               今夜はこの気持ちのまま、フレンチでも作ろうかしら?


        前回同様、偶然にもこの夜の我が家の夕飯は鯖の塩焼きでした。 ぎゃふん。

e0131724_18322482.jpg

by eat-sweets | 2008-09-08 18:28 | ▼学び

うっとり。



                               美人な方のご自宅の

                                美しいテーブル・・・

                                    うっとり。 
e0131724_2018544.jpg




                              美しい花にとまる

                             蝶ちょも美しくて・・
 
                                うっとり。
e0131724_20255459.jpg
  


                            楽しいおしゃべりの最中、

                        芍薬の花が いきなり「ボテッ」と落ちて、
  
                         大胆な 花の終わり方に 驚いたけど

                         散った花びらでも そのままで美しくて・・・

                               すべてにうっとり。
e0131724_2028454.jpg


                                  
                            うちに戻って晩ごはんつくり・・
   
                               今夜は焼き魚です

                                 現実に戻ろう

                               でも もう少しの時間

                                 うっとりさせて。
by eat-sweets | 2008-06-17 18:15 | ▼日記

FoodingClub Wine & Cheese Special

e0131724_955269.jpg

昨日のチーズとワインの会!Foodingclubで開催されました。私にとっては半年振りの平尾邸訪問です。


e0131724_9554627.jpg

パパッと出来るお料理、テーブルコーディネイト、食事を楽しくする小物たち・・・。
毎回こちらへ来てはアイデアやセンスを学ばせてもらっています。

今回はSpecial版な「フランスワインとチーズ」を学ぶ会!
チーズは薬院 Le Pointさんセレクトの7種類のチーズ、
ワインはとどろき酒店さんよる、さまざまな地方のワイン7種類&講習付き、
それらに合うタパスをFoodingスタッフが作ってくれました。

今回のテーブルは、初夏にぴったりなピクニック風(・・と勝手に決めていいかしら?)
e0131724_1031648.jpg

ワインを頂くときは消しゴム代わりのパンが必要ですね。ボリュウムたっぷりの超ロングパン。
e0131724_10311736.jpg




チーズはコンフィチュールや香辛料・ハーブなどいろいろなものと合わせた食べ方をしました。
e0131724_1120156.jpg


ワインが引き立つおつまみ達・・・。
実は主宰の方のお父様がお作りになった、野菜やフルーツです!
どちらも甘くて柔らかくて、素材の味を大切にした味付けに。メロンもスイカも白ワインと合うんだな~これが♪
e0131724_11391777.jpg


私がこの日いちばん美味しかったと思ったのは、
白ワイン「メゾン・ブリュレ ヴォリュビリス2006」、 赤ワイン「ティエリー・ピュズラ2006」。

e0131724_11494759.jpg

食が大好きなメンバー達と楽しい会話をしながら、心地よい時間をすごしました。
by eat-sweets | 2008-05-26 09:52 | ▼学び


食べる・作る・遊ぶを綴ってます。  リンクフリーです。


by eat-sweets

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ファン

EATお茶入れたよ



メールはこちら まで 



EatSweetsお菓子教室
フェイスブックページ







インタビュー掲載です





























































































素材使用させてもらってます♪

最新の記事

雪のバレンタイン
at 2014-02-14 13:16
春はまだ先・・
at 2014-02-08 19:16
2014 明けました!
at 2014-01-08 15:23
秋のお菓子いろいろ・・
at 2013-11-01 22:19
秋桜畑
at 2013-10-18 10:45

タグ

(89)
(59)
(46)
(40)
(37)
(34)
(27)
(20)
(14)
(14)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(5)
(4)

以前の記事

2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
more...

最新のトラックバック

インド アンベール城 ジ..
from うひひなまいにち
インド ジャイプルの朝
from うひひなまいにち
Sweets photo..
from シアワセだより
Flowers and ..
from West Tokyo Today

検索

その他のジャンル

記事ランキング