タグ:旅行 ( 37 ) タグの人気記事

夏の台湾 リュウガンを探そう

e0131724_1905725.jpg

なかなか更新していませんが、ブログにお越しくださりありがとうございます。

気づけば9月。
8月は いろいろな所へ出かけていました。




e0131724_1911011.jpg

なかなか この猫ちゃん、堂々としておりまして・・・
この後もいろんなポーズをしてくれたのでした。 にゃお~ん!



台北では とにかくB級グルメを食べまくる旅だったんですが、
本日はちょっと違う内容をご紹介しますね。

e0131724_19275263.jpg

ふらりと立ち寄った、廣州街の商店街アーケード。
旅先では必ず市場やスーパーに立ち寄ります。



e0131724_1933755.jpg

八百屋さんの野菜をみて 
「日本とあまり変わらない~!料理したい~♪」 と思ったり・・・



e0131724_19434362.jpg

お肉屋さんは 鶏屋さん・ブタ屋さんそれぞれ専門店のようです。

赤いTシャツ着た(すごいTシャツ!!)マダムはぺろ~と持ち上げて、肉を選んでいます。

ここのブタ肉屋さんは 豚足も皮付きの三枚肉も売ってたので、
台湾に住んだら 沖縄料理が作れちゃいそうです。



e0131724_11115486.jpg

真夏の台湾ですもの、トロピカルフルーツもたくさん売ってます。
マンゴーはもちろんのこと、パッションフルーツ・スイカ・ドリアンだって!



e0131724_11221534.jpg

とある果物屋さんに 私が食べてみたかった果物名を書いたメモを見せると・・・

「ああ!これだよ!」
と商品からポキっと折って、食べさせてくれました。



e0131724_11253290.jpg

その果物は 「竜眼」。
日本では沖縄の八重山の一部で採れるとか・・・

ちょうどこの竜眼が旬の季節だったので ぜひ食べてみたかったの。



e0131724_11412610.jpg

ちょっと固めの皮をむいて 一口かじってみると・・・・!!

ほんとだ~!! 龍の眼みたいに見える~!

お味は ほんのり甘く、歯ごたえはキュッとした噛みごたえでジューシーでした。
ちょっぴり漢方薬のような後味が残ります。
あとで調べてみると、果肉を乾燥させて漢方に用いるみたい。なるほどね!



e0131724_11474923.jpg

快く試食させてくださった 八百屋のおじさんのお礼を言うと、
私のメモ帳に 「違うんだよ~、ほんとの字はコレ」 と正してくれました。

どうやら竜眼ではなく、龍眼が正解のようです。


フレンドリーで心優しい人たちと出あえた台湾の旅、またアップしますね!
by eat-sweets | 2013-09-02 11:54 | ▼おでかけ

真夏の湯布院

e0131724_2326043.jpg

とても暑い日でしたが ちょっとだけ ここは涼しかった!



e0131724_23265675.jpg

狭霧台(さぎりだい)で景色を見ようと思ったら たくさんの先客が・・・
「やっほー!」のみんなで大合唱をしていて とっても可愛い~!!



e0131724_23344933.jpg

ここ一帯の山は 大きな木や岩がないのです。
そよそよ・・・ ほんと風が気持ち良い~!



e0131724_23361775.jpg

湯布院の前に 九重“夢”大吊橋

オンナ3人旅、Tae:「渡ってみようよ!」 他2人:「コワイよー」

橋に近づくと 本当に高いところに設けてあるのが分かります。さあ・・・どうしよう??


e0131724_23395111.jpg

結局 好奇心で3人とも渡ることになりました! この橋を往復して渡るのです。

標高 777m の高さにある日本一の吊り橋。
コンクリートで頑丈だけど 中央が鉄網になってるのでコワサ倍増なの!




e0131724_23532563.jpg

吊り橋の真ん中が一番高い!
ここの下の高さ 173m!! はあ・・・足がすくみますー



e0131724_23555435.jpg

ビビリ3人で 足を乗せてパチリ。
怖かったけど、橋を渡っているときは風が吹いてとっても気持ち良かったです!

むかし、渡ったことのある宮崎県・綾の照葉大吊橋のほうがスリルがあるかもしれません。




女3人湯布院の旅 いつか・・・つづく
by eat-sweets | 2013-08-05 23:15 | ▼おでかけ

恋するインド タージマハルのカフェ?

e0131724_20302862.jpg

インド旅行を企画したときに
「タージマハルだけは絶対行こうね」 と計画してました。

デリーにも行って~、ジャイプールも行きたいでしょ、もちろんアグラーへ行ってラージマハルも!
なんぞ計画するということは・・・

「東京へ行って、翌日は静岡でしょ~、その翌日は長野よね~」 という距離感。
(いや!もっと距離あるかも。どなたかご指摘お待ちしてます!)



e0131724_1934565.jpg

車中より 
普通の平日。平和な午後。 私のお気に入り写真。




e0131724_19262782.jpg

というわけで、インド旅3番目の土地のアグラーへ



e0131724_1927683.jpg

車中より 
ノーヘル、3人乗りなんてインドでは当たり前体操!




e0131724_1935193.jpg

厳重なセキュリティチェックを経て いざ、タージ・マハルへー!
ひや~人がいっぱい~。



e0131724_2003834.jpg

荘厳華麗なタージ・マハル

この前日にアグラー入りをしていた私たちは タージマハルショー(だったけ?)を観覧し、
タージ・マハルの完成ストーリーをたっぷり堪能したので、いかに建設まで大変だったか予習済み。


こんな壮大な世界遺産のお写真は TAEブログではバッサリ省きますよー
(コンデジカメラしか持って行ってないので写真が良いのがないの)
うひひさんが綺麗に紹介されてるので、これを見てね~



e0131724_2012180.jpg

おそらくプロのカメラマンと思われる男性に ポーズを教わるカップル。
あらま、ハネムーンかしら♡
どんな写真が出来るのかしら?うふふふふ。




e0131724_2013965.jpg

えええー???
そんなポーズで良いの? たぶん記念写真なはずなのに?
カメラマンさん、もっと素敵なポーズを考えてあげてー!これじゃダメよー。




e0131724_19454578.jpg

ここの場所はベスト! もうみんなココで撮りたくって、待っているのだ。
私とうひひさんも もちろん撮りましたよー




e0131724_2035598.jpg

タージ・マハルの建物内は土足厳禁、写真撮影不可でした。
このシャワーキャップみたいな靴カバーは入場チケットとともに もらえます。

海外の観光客は このカバーを靴の上から履いてキャッキャと喜んでましたが・・・



e0131724_2064950.jpg

「土足厳禁なら脱いで行けばよいのだ」的なインド人。 この適当さ。
戻る時に自分の靴が発見できるのか?

でもこういう国民性が 私がこの旅でインド好きになった理由なんだけどね(笑)



e0131724_2091724.jpg

タージ・マハルを堪能した帰り道・・・

ガイドのA君が 「ちょっとチャイ代が高いけどカフェに寄るか?」と誘うので
「寄ります寄ります」 と即答した私たち。

超高級ホテル「ジ・オベロイ」のすぐ近所の安ホテルの「タージKHEMA」へ・・・




e0131724_20113027.jpg

なんということでしょう!きゃー素敵。

そのホテルの庭(というか丘)のカフェは貸切でした。
ほら、タージ・マハルが見えるでしょ?この景色、私とうひひさんと二人占めです!!(あ、A君も)



e0131724_20182777.jpg

ボーイさんがチャイを入れてくれます。
ナプキンやクロスが可愛い。




e0131724_20193275.jpg

ちょっとマサラが薄めだったけど ジンジャー香るチャイでした。
オレオのチョコじゃないクッキーもおいしかった!

ここのチャイ代は日本のカフェの紅茶と同じくらいのお値段でした。



e0131724_20233124.jpg

春の陽気で日差しがポカポカ、チュンチュンと小鳥が鳴いて・・・
どーんと広くてどこまでも青い空、遠くには世界遺産の白くそびえ立つタージ・マハル・・・

ここでチャイを飲んでゆっくりおしゃべりして・・・・
実はアグラーの中で 一番思い出残る時間だったかもしれません♪




----------------------------------------------------------------------
いつもコメント、ありがとうございます!
引越しでバタバタしてるけど 旅を思い出すと現実逃避できます~♪
メールもありがとうございます!!全部読んでます。落ち着いたら返信しますね♪
by eat-sweets | 2013-03-14 20:37 | ▼おでかけ

恋するインド 象タクシーに乗って

e0131724_147085.jpg

綺麗な朝焼けを見て すっかりジャイプルに魅了された私たち。
ホテルをチェックアウトし、早朝から向かった先は「アンベール城」です。

さあ、あの宮殿に行くために象さんタクシーに乗りますよー!




e0131724_1204293.jpg

アンベール城は16世紀アンベール王国の首都。
小高い岩だらけの山腹にあるので、やぱり水の問題で遷都してしまったそうです。

湖面にも城跡が反射して とっても綺麗~。それにしてもインドの青空はホント青いね!




e0131724_137966.jpg

去年の夏 タイで象に乗れなかったので、絶対乗るぞー!

象乗り場では 観光客が並び・・・15分くらい待ちそうです。

この待っている列に割って入る土産物売りのオジちゃんがいっぱい。どなたも商魂たくましい!
売ってるものはボールペン、木彫りの人形、色移りしそうなTシャツなどなど・・・(どれもいらね)

私の後ろに並んでいた欧米観光客のシニア男性が そのたびに毎度
「おおーぅ、いいね!」 とか 「うーん、ラブリーだねぇ。まっ、いらないけどねw」
なんて お相手をするもんだから、インド人の売り子オジちゃんも必死で売り込みます。




e0131724_8315550.jpg

そして 「いかにもインド!」的ご衣裳のご婦人たち・・・のお掃除の方々。
列のすぐ近くで 掃き掃除をなさっている風景を写真で撮ろうものなら・・・

そこのアンタ、いま写真撮ったわよね、さあお金払いなさいってばよっ!
と請求されてしまいます。 なんでもインドビジネス。

そのアンタとは でっかい望遠レンズで撮影したいた欧米観光客のおにいさん。
揉めてる最中、「よっしゃ今がチャーンス!」とばかり 周辺のカメラ群衆達は、バチバチ撮影~(爆)




e0131724_1374617.jpg

あ!! このピンクの乗り台!

今朝ジャイプルで会った象さんにも装着されてたよね?
本当に通勤だったのねー。
e0131724_1021149.jpg

 (※参考:既出の記事より)
これが朝(6:30くらいかな?)に市街地で会った象さん。
ここからアンベール城までけっこう距離あるよ。 おつかれさまー。



e0131724_1381964.jpg

さあ、順番が回ってきました! この象さんに乗ります。

この象さんの定員は2名まで。2013年2月現在900ルピーです。
(2007年のロンリープラネットには4名まで400ルピーと明記されてたので、すごい値上げかもね)

ガイトA君に「チップ払ってあげてくださいね」と言われました。
私たちは あまりチップ文化に慣れていないけど、A君は自ら至るところでチップを払っていました。
インドでは持ってる人が持たざる人にあげるのは習慣、とは聞いていたけれど その通りでした。




e0131724_1384673.jpg

象さんタクシー、現在は150頭ほどだそうです。 なんか遊園地のアトラクションぽい。




e0131724_922611.jpg

「では宮殿までお願いしますっ」 いざ出発進行~。

象の背中は高かったです。景色が良く見えました~。
でも、けっこうこのタクシーは安定が悪い(笑) ぐわんぐわんと体が動いてしまいます。

負けてはならぬと 私たちも腹筋をつかってカラダを安定させながら写真を撮ります。




e0131724_912528.jpg

ちなみに乗れるのは往路のみ。復路は人を乗せず下っていました。
コーナーではちょっと渋滞しちゃいます。




e0131724_9263313.jpg

なぜか私の頭の中では 「ガンダーラ♪ ガンダーラ~♪」 ゴダイゴの歌が頭の中で大音響!

妄想が大得意な私。
気分は三蔵法師です。 もちろん!!!夏目雅子の、ね!





e0131724_9304889.jpg

象さんは 一頭ごとに お化粧が違います。この子、可愛い~♪

私たちの象タクシーおじさんは 携帯おしゃべりが始まりました。おじちゃん前方見てねー




e0131724_9423970.jpg

頂上に着くと ガイドのA君(23歳!若い!)が待っててくれました。

なんとも彼が真面目ながらも しっかりボケもしてくれる人で、旅が倍増に楽しかったです。
(ちなみに私のオヤジギャグは笑ってくれたものの、下ネタを振ると見事にスルー・・・)
A君、日本に来るときは うひひさんと私で東京タワー案内するからねー!




e0131724_9537100.jpg

象さんタクシーは宮殿に着きました。これからは歩いて見学します。
ここにも「おれ市民ガイドなんだけどガイドするべ!」な売り込みが凄い!





e0131724_11273797.jpg

建物はもちろん古いけれど、それを感じさせないほどキラキラゴージャスな鏡細工があったり、
繊細なモザイク細工しかり。 色の配色やアーチのデザインに魅了されまくりです!





e0131724_1226480.jpg

太陽はぽかぽか照らしだし 風はそよそよ
ここでは ゆったりスローな時間が流れています。

ダイナミックな景色は ずっと先まで見通せて・・・。この景色ずっと頭に残りそう。





e0131724_12394188.jpg

午前中にたっぷり見学を済ませ、ランチへ。

ツーリスト用のレスントランだったけど、ポカポカ陽気で牧歌的な感じ。
インドのレストラン、テーブルセッティングがキッチュなんだけど どの店も可愛かったな。



e0131724_12422620.jpg

ジョッキグラスに 冷えたビールを注いでもらい・・・・かんぱーい!

インドのビール、キングフィッシャーはとても軽め。うーん、例えるならバドワイザーみたい。
滞在中、よく飲みました!



e0131724_124657100.jpg

お食事はもちろん、インドカレー!今日はバイキング形式で自分で取って食べました。

この後に長距離移動するので 最初は遠慮がちな量をお皿に盛りつけましたが・・・
「うまーい!」
ランチ終了で片づけようとするのを制止し、おかわりをしたのは言うまでもありません!

午後にもうひとつ世界遺産を見学し、タージマハルのある街、アグラーへ移動します。


e0131724_1637068.jpg

この日の夜は ボリウッドによるインド感1000%のインドダンスショーを鑑賞してホテルへ帰りました。
ちょっと胃も体も疲れ気味だったので、ルームサービスのディナーに

宿泊したホテルはイタリアンが美味しいらしい。Hot Soupカップ、ぽってりして可愛い♪
カップたっぷりのマッシュルームポタージュもラビオリも美味しかったな。
これで明日もカレー食べられるよ!

タージマハル、天気が良いといいな♪


つづく
by eat-sweets | 2013-02-23 22:03

恋するインド ピンク色のジャイプル

e0131724_217840.jpg

朝6時。 こんな美しい朝焼けは見たことがありません。
湖面は眠っているように静かで、地上にあるものを鏡のように反射させていました。


「行く?」 「行っちゃう?」

そんな会話で実現した旅。
行く前のこの国の印象とは 帰ってくるとまったく変わりました。

きっと数日行っただけでは「インドってね・・・」と語ることはできない、大きな国インド。
数日前に戻ってきたばかりなのに また戻り・・・いえいえ、行きたくなっちゃう。

もっともっとアナタを知りたい! 私はインドに恋してしまいました。



e0131724_23474726.jpg

ご一緒したのは 旅の上級者うひひさん。

そして、今回の旅のきっかけともなった共通の友人、りんりんちゃん。


現在、ご主人がインド単身駐在中のりんりん家。
その夫婦の再会に 私たちも同行させてもらっちゃったのでした。


旅行前から りんりん夫妻にはガイドやホテルの手配でお世話になりっぱなし。
このお2人がいなければ、こんな素敵な旅にならなかったことでしょう!りんりんちゃんありがとうね♪


りんりん夫婦は別の地方へバカンスに行くので、旅の終わりにデリー合流の約束をして
私たちは「はじめてインド」でおすすめのジャイプル、アグラーへ。


うひひ、TAE、そしてドライバーさん、ガイドさん 計4人の地方旅のはじまり始まり~。
4人のフィーリング(?)が合ったのか、長距離の道中も行き当たりばったりで楽しかったです。

「さあ、出発!!」

いざ、インドの地方へレッツらゴー!




e0131724_219449.jpg

前々日・・・初めてのデリー空港。
りんりんダンナさんに迎えにきてもらいホテルへ。

そのデリー空港の両替所でさっそく「インドの洗礼」を受けてしまう私たち。

まさか空港内の両替所の係員が お札を1枚ピンハネするなんて007.gif
しかもその手つきがマジシャン並みにダマそうとしてた(笑)

ええ!もちろん再度、自分たちでお札を丁寧に数え直して正しいお金を受け取りましたよ017.gif




e0131724_014313.jpg

そんなデリーを出発して、向かう道中では
今までに経験したことのない車の多さと大渋滞と大音量のクラクション!

260km離れたジャイプルに着くと そこはリゾート地を思わせる別世界・・・。
ちょっと疲労気味だった私たちは この街にとても癒されたのでした。




e0131724_192148.jpg

ジャイプル またの名をピンクシティ。
ピンク色の朝焼け いたるところ塗装もピンク色に塗られています。

象さん!  これから観光地へ通勤のようです。




e0131724_2225939.jpg

宿泊したホテルの目の前のマンセイガー湖 

わらわらと集まってきた インドの青年も・・・ 待っています。










e0131724_2233256.jpg

いつのまにやら寄ってきた ワンコ達も・・・ 待ってます。





e0131724_553887.jpg

ちなみにインドでは 牛はもちろん、犬・猫・イノブタ・ヤギ・ヒツジ・ロバ・・・
まるで動物園のように 至る所にいます。





e0131724_226893.jpg

そして・・・・・そして!!
待ち人がとうとう現れました!

強い強い光を持った太陽が 顔を出しました。




e0131724_2361381.jpg

「うひひさぁぁーん(ホントは本名)、感動で涙が出るねーー043.gif

湖に浮かぶ水の宮殿の後ろから 光線のような強い光をもって上がってくる太陽。
日本でも毎日、同じ太陽を見ているはずなのに インドで見たそれは偉大で迫力満点!



e0131724_235857.jpg

この自転車隊の人たち、追い越す時に全員わたし達に手を振ってくれた~(笑)



e0131724_3115468.jpg

さあ、朝になりました!
観光へ出かけましょー





e0131724_3131153.jpg

とにかくジャイプルは ピンク色!
ピンク色は幸せの色なのだそう(私もそう思う)



e0131724_318478.jpg

そして 雑貨と陶器と宝石の街!

バイヤーTAEは何を買ったのか?



e0131724_3205452.jpg

観光名所シティパレスもピンク一色。
このローズがかったピンク色は私の好みでした。白い紋様も素敵!

シティパレスは現在もマハラジャが別棟で住んでいらっしゃるのだそう。





e0131724_3243287.jpg

そのピンクシティにいた、凛々しいお顔の衛兵・・・(?)

まあ!マハラジャのプリンセスに仕える方かしら?
お姫さま、来るかしら? うふふ、どきどき。




e0131724_3283612.jpg

「怪しいヤツはおらぬか?」 と鋭い目で見張っているのかと思いきや・・・

なななんと! 彼は手にした杖をザザっと天に向け、敵を威嚇!

e0131724_4513739.jpg

怪しい敵・・・・・それはハト。 
この人のお仕事は鳩駆除士だったのです。

インド、すげーーー。





e0131724_3554699.jpg

とても有名な 風の宮殿。
ジャイプルのシンボル的な建物で、200年以上前に建てられたそう
この小さな窓から 外に出れないイスラムのお妃さまは外の通りを眺めていたのですって。





e0131724_411541.jpg
 
ジャイプルは宝石でも有名な街。

んがしかし、
私たちは旅のはじめに 「お金少ししか持ってないので高いものはいらなーい」 と
ガイドのA君に釘をさしていたため、宝石なんぞは買わなかったのです。

しかし・・・しかし・・

その舌も乾かぬうちに けっこうデッカイ買い物をしてしまい、うひひさんに迷惑かけた私なのでした。
またそのお話は 次の機会に・・・。


今回の旅は 一眼レフは持って行っておらず、コンデジのみ。写真がうまく撮れませんでした。


インド旅、続きまーす!
長い記事をご覧くださってありがとう!



うひひさんのブログのほうが綺麗よー。読んでみてね!

ピンクシティ ジャイプル
インド ジャイプルの朝
by eat-sweets | 2013-02-18 05:12 | ▼おでかけ

タイ 夏やすみ

e0131724_7243796.jpg

マンゴー、とにかく美味しいです
毎日食べています

ダイエット、と思ってるけど無理!! 戻ってからがんばりますー


e0131724_7371711.jpg

湿度75% きゃー!不快(笑)
でも日に焼けたくないので・・・



e0131724_7381340.jpg

夜にバシャバシャ泳いでます
むかし水泳部だったこともあった(途中で退部^^)ので 今でもカッパ健在です


e0131724_7281397.jpg

今日は 面白いところへ出かけます!
by eat-sweets | 2012-08-07 07:41 | ▼日記

Paris 日本食が恋しくなったら・・・

e0131724_856024.jpg

「ずっとパン食でいいわー」
と思っていたのですが、やはり私はニホン人。

日本茶を(ティーバックだけど)丁寧に注いでお茶を飲みました。




e0131724_1132577.jpg

今日のランチは久しぶりに日本食を食べましょう~と
マレ地区にある、Marché des Enfants Rouges へ。



e0131724_1284852.jpg

ここはパリで最も古い常設マルシェ。
通常の市場のように花や野菜が売られているのはもちろん、
イタリアン、日本食、ガレット屋、アフリカ料理等・・・約20店舗ほどのお店やレストランが
ぎゅうぎゅう詰め込まれています。



e0131724_12161352.jpg

日本食を食べるならここで食べたいな、と下調べしておいた
「Chez Taeko」さん。
そう、私と同じ名前のお店です♪ ふっふー♪



e0131724_11273294.jpg

オープンと同時に入ったので まだ空いてますが、ここはパリっこ達にも大人気で
すぐさま満席となっちゃいました。
お箸やキッコーマン・・・・これを眺めてるだけでも落ち着いちゃいます。



e0131724_14204041.jpg

メニューは 日本風ではなく、ホントに日本の定食屋さん。
フランス人が 「揚げ出し豆腐 et ほうじ茶 シルブプレー」と頼む様も珍しいですネ。



e0131724_14231378.jpg

ほかほかのご飯の上に コチジャンで味付けされた鰯
丼。
ひじきの煮ものが添えられあるのも嬉しい~。



この日、久々にご飯を食べたら お腹に どすーんと落ちました。
やはり、お米は重いのかな?
でもご飯効果で元気モリモリになりました!
by eat-sweets | 2011-12-28 10:30 | PARIS 2011

Paris 朝のサンマルタン運河

e0131724_254958.jpg

今日もすがすがしい朝になりました。 徒歩でサンマルタン運河まで行ってみましょう!



e0131724_2132995.jpg

静かな朝・・・・


e0131724_2163943.jpg

運河は意外にも(!)ゴミなど浮いていず、水面は建物に反射しています。

e0131724_2191512.jpg

ランニングする人、お散歩する人、犬を連れている人・・・


さあ、お腹がすいてきたので朝ごはんを食べましょう~!


e0131724_2273093.jpg

運河沿いにある restaurant Sésamiへ



e0131724_2361425.jpg

店内は手作り感あふれるインテリアで またまた乙女度の高いお店。
マダムはとーても優しくて、ゆっくり分かりやすく園児に話しかけるようなフランス語で
メニューの説明をしてくれました。ほんと嬉しかった~


e0131724_336027.jpg

私が頼んだのは 乙女っぽいメニューのプチ・デジュネ。
カフェとカップケーキと生ジュースです。


e0131724_3371129.jpg

この生ジュースを一口飲んで 「!!!」 おいしいのです。
オレンジと洋ナシのジュースはお店の手作り。 フレッシュな味でした。

そのほか 手作りスムージーもおいしそうでした。
紅茶はマリアージュ・フレールです。
ずっと居られるほど心地よかったです。


e0131724_3455722.jpg

あとで調べてみると 地元パリっこにも人気のレストランだったみたいです。
ランチもおいしそう~♪ また行ってみたいな。





Sésame セザム
=======================
51 Quai de Valmy, 75010 Paris
月曜休み 10:00~19:00

by eat-sweets | 2011-12-25 11:28 | PARIS 2011

Paris パラスを愉しむ・・・

e0131724_038744.jpg

午後4時。
お洒落をして 向かった先は・・・
e0131724_103359.jpg



ラグジュアリーな空間・・・



e0131724_2164868.jpg

e0131724_0404064.jpg

ホテル プラザアテネ
5つ星以上の最高級ランク、palace(パラス)を取得しているホテル。

そのホテル内にあるサロン・ド・テ「ラ・ギャラリー・デ・ゴブラン」へ
ご招待していただく機会に恵まれました。




e0131724_0531370.jpg

スマートで優雅なサービス、 丁寧に接客してくださいました。



e0131724_10226.jpg

美しいケーキはワゴンで運び込まれ、好きなケーキを選ぶのですが・・・



e0131724_12491.jpg

なななななな、なんと全種類いただくことに。 きゃああ・・・!どうしましょ♪


e0131724_1234332.jpg

私が選んだお茶は オリジナルティー「Thé parfumé Mélange Plaza」 
これがとっても美味しい紅茶でした!
イチジク、花梨、レーズン、ヘーゼルナッツが入っているので、一口含んだとたん、
「ふわ~」とオリエンタルな香りが広がります。


e0131724_711284.jpg

プラザアテネといえば 真紅な赤色がイメージカラー。
真っ赤なレッドパワー(またはパワーフワラー)という 美しいデザインのケーキ。
これを以前から食べてみたかったので、ドキドキです。

このケーキは、以前から「どんなケーキだろう?」と 妄想していました。
タルトかな?と思っていた土台は、やわらかめのフィナンシェで、イチゴのムースにライチが
隠れています。 甘さが想像よりも軽くて、フルーティーなお味でした。大満足^^



e0131724_27439.jpg

こちらは 柚子のタルト。
レモンのタルトはよく見かけますが、柚子というのはめずらしいですね。
表面はイタリアンメレンゲ、バーナーで焼かれているのでほんのりキャラメル風味。
柚子とキャラメル、タルトのバターが合うのをはじめて知りました。


はじめ「こんなたくさんのケーキ、食べられるかしら・・・」と不安に思ったのも
あらら、するするとお腹へ納まってしまいました。 もうダイエットは無理007.gif



そして、さらに素敵なことが続くのです・・・♪ それは・・・・?

e0131724_251264.jpg

このホテル訪問は、実は パラスホテルを取材中のyumikoさんに同行させてもらったのです。
サロン・ド・テに続いて、美人広報さんが連れて行ってくださったのは・・・

e0131724_2592530.jpg

宿泊者のお部屋です!(いつかは泊まってみたいなあ)

インテリアはゴージャスな雰囲気なのに 品が良いのでシックで落ち着いています。
ふかふかの絨毯、そして部屋中ほんのり良い香りがしていて、
窓際のテーブルには 胡蝶蘭 と ホテルメイドのレモンケーキが置いてあります♪
細やかな部分まで客人が喜びそうなホスピタリティですね。
バスルームもピカピカ、アメニティも高級でした。


夢の世界はこれにて終了、あとはエレベーターでロビーへ戻りましょう!

e0131724_3223094.jpg

なんと! 高級ホテルのエレベーターからワンちゃんが飛び出してきました。
いかにもお金持ちな宿泊客のワンちゃんのようです。
さすがは おフランス! ワンちゃんもOKなんですね!


e0131724_3252959.jpg

ホテルを出るとすっかり空は暗闇に。

念願のプラザアテネで過ごせた私は、このときけっこう興奮状態で
「よっしゃ、お酒おごったる!!!」と まるで新橋にいるかのごとく次の店へ繰り出すのでした。


いつか つづく
by eat-sweets | 2011-12-25 00:30 | PARIS 2011

Paris クリスマスのシャンゼリゼ通り

e0131724_2565754.jpg

メリークリスマス!!!

今年はイブもクリスマスも土日なのでゆっくり過ごされている人も多いでしょうね♪
我が家は ささやかではあるけれど家でのんびり食事をしようと思っています。
皆様もすてきなクリスマスをお過ごしください♪

ずいぶん長いパリブログになっちゃったけれど、もう少しお付き合いくださいませ。
(Parisブログ飽きちゃったって言わないでー)
もうすぐ友人がパリへ行くので、このブログを楽しみにしてくれてます。
がんばってアップしまーす。


e0131724_502310.jpg

滞在中にシャンゼリゼ通りのクリスマス・イルミネーションがスタートしました。
クールなブルー・・・。 青いクリスマスなんて幻想的だなあ。






e0131724_521545.jpg

アルザスの物産館も 美しいクリスマス一色に。
2階でアルザス地方の名産品が買えるそうなので行ってみましょう!



e0131724_541940.jpg

ふふふ・・ パリの一等地なはずなのに、ここはのんびりとしたアルザスの雰囲気^^
デパートの催事みたい。 どこの国でもこういう場所はオバさま率が高い!(もちろん私もその1人)


e0131724_575099.jpg

クリスマスツリー飾りのオーナメントはたくさん種類がありました。

そのほかの商品も盛りだくさんで、雑貨や衣類、リネンや食品などなど。
オバさまガンガン買い物に熱中してます。


e0131724_5141733.jpg

アルザスといえば・・・・・・ クリスティーヌ・フェルベールさんのコンフィチュール!
クリスマスの時期なので、もちろんありました!!「ノエル・コンフィチュール~Confiture de Noël」が♪♪

いろんな種類のコンフィチュールが販売されていけれど、クリスマスに出されるノエルバージョンは
なかなか手に入らないのです。ここでは たくさん売られていました。



e0131724_5271195.jpg

今年の1月に伊勢丹のサロンドショコラへ来日されたフェルベールさんへ 
このコンフィチュールについて質問していた私。
(その時の内容は 過去記事のこちらを読んでみてね)

さあ、今年のお味はどんなコンフィチュールでしょうか? 食べるのがとっても楽しみです。


e0131724_550445.jpg

珍しい野菜のコンフィチュール、これは赤玉ねぎ。 お料理と合せるのも良いかも。



e0131724_9161279.jpg

ラデュレのBar。
寄ろうと思ったら、1週間前にシャンゼリゼ店は火事になったらしくクローズです。


e0131724_9181011.jpg

お隣のサロン・ド・テも もちろんクローズでした。 お買い物だけはできたようです。
やっぱり並んでます(笑)


e0131724_920433.jpg

やっぱりラデュレといえば、マカロンタワー。
本家のマカロンタワーをじーーーくり観察してきました!

よーく見ると、「あるもの」でマカロンを固定しているのを発見! ラデュレよ、キミも同じだったのかーと納得!
実は私のマカロンツリーも同じ「あるもの」で固定しているのです。食べ物系ではないのです。
ふっふっふ、と怪しい独り言をつぶやきながら喜んでしまいました・・・・037.gif037.gif

ブログは1日2回更新予定です!年末まで朝・晩New記事をアップします ←記録更新中・・・
ではすてきなクリスマスをお過ごしくださいねー


(コメント欄開いてます♪ ブログをお持ちの方でしたらそちらへコメントをお返しします♪)
by eat-sweets | 2011-12-24 09:00 | PARIS 2011


食べる・作る・遊ぶを綴ってます。  リンクフリーです。


by eat-sweets

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ファン

EATお茶入れたよ



メールはこちら まで 



EatSweetsお菓子教室
フェイスブックページ







インタビュー掲載です





























































































素材使用させてもらってます♪

最新の記事

雪のバレンタイン
at 2014-02-14 13:16
春はまだ先・・
at 2014-02-08 19:16
2014 明けました!
at 2014-01-08 15:23
秋のお菓子いろいろ・・
at 2013-11-01 22:19
秋桜畑
at 2013-10-18 10:45

タグ

(89)
(59)
(46)
(40)
(37)
(34)
(27)
(20)
(14)
(14)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(5)
(4)

以前の記事

2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
more...

最新のトラックバック

インド アンベール城 ジ..
from うひひなまいにち
インド ジャイプルの朝
from うひひなまいにち
Sweets photo..
from シアワセだより
Flowers and ..
from West Tokyo Today

検索

その他のジャンル

記事ランキング